仙台青葉城散策~アクセスと徒歩での行き方(長沼、五色沼、仙台博物館、本丸会館)

宮城県の県庁所在地、杜の都仙台です。

仙台というと城下町としても有名で仙台城があります。

別名「青葉城」で、こっちの呼び名のほうが有名かもしれませんが・・・

仙台という名前をつけたのは、少なくとも仙台にこの漢字を当てたのは伊達政宗(だてまさむね)だそうです。NHK大河ドラマで「独眼竜政宗」として有名になった人ですね。

ということで観光スポットとしては仙台城がまず第一にあげられそうです。宮城県仙台市青葉区(陸奥国宮城郡)の青葉山になります。

仙台へのアクセス

さて、仙台市の見所を説明する前に仙台へのアクセスですが、仙台へのアクセスで困るということは先ず無いと考えられます。なんといっても仙台市は人口100万人の政令指定都市ですから。田舎の秘境を観光するのとは違います。

日本中の空港から仙台空港まであっという間に飛べます。

また、仙台には東北新幹線も止まりますので、東京駅から2時間もかからずに仙台駅までたどり着くことができます。東京に住んでいる場合は、仙台へ日帰り旅行に行くことも十分可能ですね。

仙台城(青葉城)へのアクセス

さらに、仙台駅から青葉城に行くにはバスが早いです。

仙台駅前「西口バスプール16番のりば」→仙台城跡

「仙台城」となっているので混乱するかもしれませんが、青葉城のことです。^^;

青葉城への徒歩での行き方

仙台駅から歩いていくのも、いろいろなものが見られておすすめですので、紹介しておきましょう。

と言っても、これは単純です。

青葉通り→広瀬川

仙台駅の西側、さくら野百貨店がある方に出まして、あとは青葉通りをどんどん進んでいけば、大橋を渡ることになると思います。

ここ、広瀬川ですね。^^ さとう宗幸さんの「広瀬川~」、青葉城恋唄の最初に出てくるところです。

仙台市博物館と青葉山公園長沼

広瀬川を渡って仙台国際センターの前で左(南)に曲がりまして、仙台市博物館のあるあたり、この辺は江戸時代に藩主の屋敷が置かれ「三の丸」と呼ばれていました。

それから長沼、このそばに「歴史と文化の道」の説明板がありますのでそれを見ながら歩くと良いでしょう。

長沼は青葉山公園の一部で、青葉城三の丸の東の堀だったところです。三の丸って、仙台市博物館の辺りでしたね。

長沼の風景も非常に美しいですので、のんびりと散策してみるのもいいと思います。

伊達政宗騎馬像

長沼を過ぎて右におれるとお城に上っていく道となります。

この途中で、有名な「伊達政宗騎馬像」も見ることができます。

datemasamune

本丸会館

青葉城跡にたどり着きますと仙台市街を一望することができます。広瀬川が仙台市の中を蛇行しているのか分かると思います。

本丸会館がありますので、立ち寄ってみることをお勧めします。「青葉城資料展示館」やお土産を売っているお店があります。「萩の月」なんて有名ですね。^^

五色沼

青葉城跡から降りた後は仙台市博物館に立ち寄ってみましょう。その後は五色沼を眺めながら散策します。

この五色沼には「日本フィギュアスケート発祥の地」という碑があります。

なんでそんなふうに呼ばれるようになったのかというと・・・

昔はこの五色沼は、冬にはしっかり凍っていてスケートできたそうですが、明治時代にここで、アメリカ人が子供にフィギュアスケートを教えたからなんだそうです。

五色沼から北へ伸びる道を辿っていくと宮城県美術館もありますので立ち寄ってみてもいいかもしれません。

以上が杜の都仙台の青葉城散策コースです。

杜の都の「杜」ってどこ?

杜の都仙台というくらいですから、森があるのでしょうけど一体仙台のどこにいけばその森を見ることができるのだということですよね。

これは上述しました仙台城(青葉城)の周りということになります。青葉山・川内一帯です。春なら桜、秋なら紅葉を楽しめることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする