【世界遺産】白神山地と十二湖~アクセス、定期観光バス

白神山地といえばブナの原生林と世界自然遺産に指定されたということで有名です。以来観光客は絶えないようですね。

入れるのは「バッファーゾーン」

白神山地への登山やトレッキングに出かける人も多いですが、白神山地の核心部分に入っていけるわけではありません。

登山道は整備されていないそうです。世界自然遺産ということで、わざわざ入れないようにしているということでしょう。

白神山地に観光に行くという場合は、バッファゾーンと呼ばれる緩衝地帯に観光に行くということになります。

暗門渓谷ルート(暗門の滝歩道)

白神山地の見所として暗門の滝(あんもんのたき)が有名です。暗門の滝へは駐車場やバス停から片道ので1時間くらいで行けますので観光客に人気があります。

ただし、川べりを歩くことになりますので増水すると通行止めになってしまいます。前もって天気の確認とすることが必要ですね。

また、暗門渓谷ルート(旧暗門の滝歩道)は上級者ルートに指定されましたので、一般の人が入っていく場合、ガイドさんを雇うのが普通で、通行届も必要になります。

岳岱

岳岱(だけだい)自然観察教育林も有名で、ここには樹齢400年のブナの木があります。まあ同じ世界自然遺産屋久島の樹齢6000年の縄文杉には負けますけど。

樹齢400年と言いますと津軽峠の「マザーツリー」も有名です。

津軽峠には弘前市からバスが出ていますので、観光にも困らないと思います。

弘前バスターミナルから「アクアグリーンビレッジANMON・津軽峠への直通バス」に乗るのが便利です。

津軽峠の駐車場から案内板の指示に従って歩くと5分程度でたどり着けるようです。

十二湖

また津軽国定公園の一部である十二湖(じゅうにこ)も有名ですね。

青森県西津軽郡深浦町にありまして、名前の通りたくさんの湖があるのですが、どうやら12カ所以上ありそうです。

十二湖へのアクセスは分かり易いです。JR五能線の十二湖駅から、弘南バス十二湖線に乗車、終点「奥十二湖」で降りればいいわけです。

青森県鰺ヶ沢町(あじがさわまち)は白神山地を最もたくさん含むということで有名だそうですが、ここもJR五能線でたどり着くことができます。

ちなみにJR五能線に乗るには、

東北新幹線新青森駅→JR奥羽線弘前駅→JR五能線

という順になります。

白神岳

それから白神山地の登山やトレッキングで有名な白神岳ですね。白神岳へのアクセスもわかりやすいです。ここもJR五能線の白神岳登山口駅から行くことになります。

まあ名前の通りですけど。この駅から歩いて5~6時間で白神岳の山頂にたどり着けるようです。山頂からは、世界遺産白神山地の雄大な眺めが楽しめます。

定期観光バス

定期観光バスもいろいろ出ています。だいたい空港の出発点とするところが多いようです。秋田県の大館能代空港とかからですね。

定期観光バスの中では第一観光バスというのが有名なようです。この定期観光バスは秋田県の側から出発するものですね。だから男鹿温泉とかが出発点になっている定期観光バスもあります。

アクセス:西目屋村から白神山地へ

白神山地へのアクセスとしては、弘前から西目屋村に向かうルートが有名なようです。わりあいバスが頻繁に行き来しています。

西目屋村にはアクアグリーンビレッジANMONという施設があって白神山地への入り口となっています。

白神山地周辺の宿泊施設・旅館・ホテルとしましては、上記西目屋村の「ブナの里白神館」というのが人気があります。

このホテルへ行くにはJR弘前駅でバスに乗ります。田代・川原平・大秋行きのバスに約50分ゆられますと西目屋村役場につきますのでそこでバスを降りて徒歩3分ぐらいです。

東北新幹線新青森駅→JR奥羽本線弘前駅→バス

という順ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする