速い?安い?みずほ銀行カードローンの審査期間と金利

みずほ銀行カードローンは銀行自体がやっているカードローンですので、総量規制の対象外だったり、金利が安かったりと、いろいろメリットがあります。

じゃあ審査に時間がかかるのかというとそうでもありません。

意外に審査は迅速

銀行のローンというと審査が厳しいイメージですが、みずほ銀行カードローンの場合、最短1日で審査が終わることもあります。

まあ審査時間が「短い」というだけで、「甘い」わけではありませんので、その点は誤解なきよう。

ただ、審査期間が短くても、その日のうちにお金を借りるには条件があります。

即日融資のための条件

それは「みずほ銀行に口座を持っていること」です。

みずほ銀行に口座さえ持っていれば、即日審査・即日融資というのも可能になってきます。

なぜかというと、申し込みから審査、契約まですべてをインターネットでやってしまうことができるからです。

そして、既に持っているキャッシュカードが、ローンカードとしても機能するようになるからです。

だから、みずほ銀行カードローンに申し込んだその日のうちに、お金を借りることも可能になる、というわけですね。

口座を持っていない場合は、まず「口座を開設する」という手順が加わりますので、その分お金を手にするのが遅くなってしまいます。

それでも審査だけはその日のうちに終わらせてしまうことができるんですけどね。

そのあと、口座を開設して、カードを送ってもらって、ということになるので、お金を手にするまで数日かかることになります。

消費者金融よりも金利は安い

次に金利ですが、これは銀行ですので消費者金融に比べると安いですね。

借入限度額に応じて、以下のようになっています。

10万円以上100万円未満・・・14%
100万円以上200万円未満・・・12%
200万円以上300万円未満・・・9%
300万円以上400万円未満・・・7%
400万円以上500万円未満・・・6%
500万円以上600万円未満・・・5%
600万円以上800万円未満・・・4.5%
800万円以上1000万円以下・・・4%

このように、最高で年14%、最低で4%となっています。実際に借りている金額ではなく、限度額で金利が決まるところが重要ですね。

借入れ金額ではなく限度額によって金利は変わる

つまり、限度額が多いほど得、ということです。

たとえば同じ50万円を借りている人でも、限度額が100万円だと金利14%になってしまいますが、限度額が800万の人だと4%になってしまうんです。

同じ金額を借りているのに10%も差ができてしまいます。

だから借りる予定はなくても、限度額はなるべく多いほうがいい、ということなんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする