色素沈着とは何か?~治すことはできるのか

色素沈着というのは肌の色が濃くなってしまうことですが
特に部分的に濃くなる場合に色素沈着と言われることが多いですね。

これは何によって引き起こされるのかというと
「メラニン」ということになります。

女性には目の敵にされるメラニンですね。

紫外線から肌を守るため、というのならわかるけど…

そしてメラニンは表皮の最下層にある
メラノサイトという細胞で作られます。

メラノサイトは、紫外線など外部の刺激を感じると
活発に働き出してメラニンを生成します。

このメラニンが周りの細胞に渡されると
色素沈着がおこるというわけです。

それで、メラニンは紫外線から肌を守るために
生成されるものですから、紫外線に当たったときに
肌が黒くなるのはわかるのですが・・・

紫外線以外の肌への刺激でも
メラノサイトは元気になってしまいます。

はりきってメラニンを作り始めてしまうことがあります。

たとえば火傷のあととか、ニキビや傷の跡が
黒っぽくなってしまうことがあるのは
メラニンが生成されて色素沈着が起こってしまったためです。

紫外線方守るためというのはうなずけますが
その他の刺激の場合、メラニンの必要性は
感じられませんよね。

そこは謎なのですが・・・

とにかく肌への刺激によってメラニンは生み出される
ということはおさえておかなければなりません。

過剰なメラニン生成と肌細胞の衰え

ただ、メラニンが生成されたからといって
色素沈着がおこるとは限りません。

たとえば日焼けをした場合など。

メラニンは生み出されていますが
時間とともに色は薄くなっていきます。

これはメラニンが適度に作られただけで、
しかもそのあと肌のターンオーバーによって
排出されたためです。

その場合は色素沈着は起こりません。

ただ、刺激が何度も繰り返されると、
メラニンが過剰に作られるようになります。

また、肌細胞の元気がなくなってターンオーバーが
衰えてくると、メラニンが排出されにくくなります。

それでいつまでたってもメラニンが抜けてくれない、
色素沈着という状態になってしまうわけです。

色素沈着の改善

ではこれは治せるのかというと、
色素沈着の程度によるとしかいえないでしょう。

表皮のみであれば、適切なスキンケアによって
消すことも可能ですが、真皮にまでメラニンが
広がってしまうと、これを治すのは非常に根気の要る作業になります。

皮膚科では、色素沈着を治すために、
ハイドロキノンやトレチノインなどの薬剤が使われたり
レーザーが使われたりします。

自宅で自分で改善していく場合は、
基本的なスキンケアに加えて、
美白化粧品を利用していくことになります。

自宅で改善していこうという場合は
長い時間がかかることを覚悟しておかねば
ならないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする