ムダ毛の自己処理の方法~肌荒れや色素沈着の原因に?

女性であればムダ毛処理に頭を悩ますことも多いわけですが
多くの人は自己処理を行っていることと思います

それで、自己処理の方法はいろいろありますが
デメリットが大きいということも悩みの種です。

デメリットというのは、自己処理によって
肌荒れや色素沈着が起こってしまうということですが
なぜそんなことになるのか?

それを今回は説明していきましょう。

ムダ毛の自己処理の方法

ムダ毛の自己処理の方法としては、
多いのは「剃る」「抜く」という方法ですが、

これら以外にも、除毛剤など薬剤で溶かしたり
家庭用脱毛機で焼いてしまうという方法もあります。

「剃る」方法のデメリット

ではまず最もポピュラーだと考えられる
「剃る」という方法のデメリットから説明しましょう。

ムダ毛を剃る場合は、ムダ毛だけを剃るのは難しいです。
特にT字型のかみそりを使う場合はそうですね。

どうしても、肌表面に細かい傷がついてしまいますし、
剃るたびに角質層を薄く削り取ってしまうことになります。

細かい傷が繰り返されれば、それはメラノサイトを刺激し
メラニンの生成を促すことになりますので、
肌が黒っぽくなってしまう原因となります。

ワキが黒ずんでしまう原因のひとつがこれですね。

また、角質層を削り取ってしまうということは
肌のバリアを薄くしてしまうということでもあります。

そうなると、肌は外部からの刺激に弱くなりますし
内部から水分も逃げやすくなります。

それが肌荒れにつながってしまうというわけです。

それでも剃らないわけにはいかないという場合は、
T字型のカミソリよりも電動シェーバーのほうが
いくらかましといえます。

「抜く」方法のデメリット

次に「抜く」という方法ですが、
これはカミソリのように満遍なく傷つけることはありませんが
局所的に激しく肌を傷つけることがあります。

それは、ムダ毛を引き抜いたときに
出血することがあることからもわかると思います。

つまり、局所的に激しく肌を傷つけているというわけです。

肌は刺激されると、上述のごとくメラノサイトの働きが
活発になってしまいます。

それによって毛穴周辺でメラニンが活発に作られると
色素沈着が生じて毛穴が黒ずんでしまうというわけです。

「溶かす」方法のデメリット

次に、除毛剤などの薬剤でムダ毛を「溶かす」という方法ですが、
これはムダ毛をとかせるくらいの薬剤なのだから
当然肌への負担は覚悟しなければなりません。

その負担によって、肌荒れなど肌トラブルが
引き起こされる危険があるということです。

また肌に合わない場合は、毛穴から出血してしまう人さえいます。
ですので使う場合は慎重にパッチテストをしてからの方がいいでしょう。

「焼く」方法のデメリット

最後に家庭用脱毛機で「焼く」という方法ですが
これはエステやクリニックで用いられている
脱毛用レーザーを弱めたようなものを使うことになります。

デメリットとしてはやけどの危険がありますが
これは指定された使用法を守れば防げるでしょう。

ただ、家庭用脱毛機で本当に効果があるものは少ないですし、
効果があるものでも長期間根気よく続けなければ
満足な効果は得られないでしょう。

しかも効果があるものは「痛い」ですので
それで挫折してしまう人も多いです。

そして家庭用脱毛機は「高額」というデメリットもありますね。

理想的なムダ毛処理

最も理想的なムダ毛処理方法は医療機関での
医療レーザー脱毛ということになります。

もちろん家庭用脱毛機以上に高額ですが
肌を傷めてしまう危険は、上述したどれよりも少ないでしょう。

医師による脱毛ですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする