家族の借金返済義務~親子、兄弟、夫妻の場合

消費者金融からの借金ですが、

「本人が返済できなくなった場合、家族が払わなきゃならないのかな・・・」

なんて思ってしまうのも無理はありません。
特に「子供の借金を親が」ということはあると思います。

家族に返済義務はない

しかし法律上は、借金の返済義務は、本人以外にはありません。たとえ親子、兄弟姉妹、夫婦であっても、返済義務はありません。

もちろん保証人になっていれば話は別ですが、消費者金融は保証人を必要としないのが普通ですよね。その点がメリットなわけですし。

ということで、消費者金融からの借金は、

「本人以外の家族に、返済義務はない」

ということなんです。

これ、家族のところに「取り立て」に行くのも、法律で禁止されているんですよ。そんなことするのは「違法」なんです。

未成年の子供の親に返済義務はある?

じゃあ次に似たケースですが。

未成年の子供の場合、自分一人では借金できないのですけど、親の同意があれば「法律上は」借金できることになっています。

まあ現実問題として、消費者金融は未成年には貸しませんけどね。

ただ、そのようにして未成年の人が借金をした場合、同意した親に返済義務はあるのかというと・・・

これ、意外にも返済義務はないんです。

同意しても返済義務はないんですね。

まあその場合、親が「連帯保証人」になっていることが多くて、それなら当然、親にも返済義務があります。

あとはまあ、いくら返済義務がないといっても、ほうっておくと子供が「ブラック」とみなされるかもしれないとなれば・・・親が払う、ということになりがちですね。

夫婦の場合、ちょっと違う

さて、夫婦の場合ですが、これも基本的には、お互いの借金を返済する義務はありません。

ただし。

その借金が、「生活必需品」のために必要だった場合。家賃とか光熱費とか、そういう生活に必要なものですね。

その場合は、そういうものは夫婦どちらも使うものですから、お互いの借金を返済する義務が発生します

親の財産を相続した場合

最後に混同しやすい例として、遺産を相続した場合。

親の財産を相続した場合は借金も相続することになります。この場合は、親の借金を返さなければなりません。

「美味しいところだけ持っていくのは許しませんよ」

ということですね。

ただ、相続した財産よりも借金のほうが多い場合は「マイナス」になってしまいますので、「相続放棄」したほうがいいです。

「財産も借金も、すべて相続しません」

ということにできる、というわけですね。