東大合格者の過去問(赤本、青本)の使い方

過去問をいつ解くべきかというのはいろいろあると思います。

「入試直前に解くのは意味がない」

という人もいますが、こと東大入試の場合、入試直前に解いたほうが効用は大きいと思います。

直前にやるのは意味がない?

「直前に過去問をやっても意味がない」

というのは、過去問を解くことで入試問題の傾向を知ることが目的となっている場合です。

ところが東大の場合、入試問題の傾向は、過去問を解かずとも知ることができるわけです。たとえば、合格体験記もたくさんありますので、それを読むだけでわかってしまいます。

なので前もって過去問を解くことに、あまりメリットはありません。

メリットよりもデメリットが大きいかもしれません。

なぜなら・・・前もって解くということは、まだ合格に必要な知識を得ていない段階で解くことになりますので、ほとんど問題が解けない、ということになります

ほとんど解けない段階で問題に取り組み、「初見」の過去問をひとつ減らしてしまうことになります。

もっとひどい場合は、過去問を解いただけで「勉強したつもり」になる人もいます。

だから、受験勉強のはじめの段階で、東大の入試問題を何年分も解くものではないんです。

まあだいたいどんなものか知るために、1年分くらい解いてみるのもいいでしょう。過去問をたくさん手に入れたなら、もっと解いてみてもいいと思いますけど。

あと、入試問題の傾向を知りたければ、赤本や青本のはじめの方に出ている、入試問題の傾向の分析を読んでいればいいでしょう。

東大に限らず、有名大学であれば過去問を解かずとも入試問題の傾向はわかるでしょうから、以上のことは同様に当てはまります。

直前にやることに大きな意味がある

じゃあ残った過去問はいつやるのかというと・・・

「直前に過去問をやっても意味がない」

どころか、

「直前にやることに大いに意味がある」

ということです。

どういうことか?

それは「予行演習」できるからです。

特に、時間配分を体得できる意味が大きいです。

いくら勉強をして実力を高めていても、それを本番で発揮できなければ意味がありませんよね。

だから過去問を使って予行演習をすることで入試問題の「形式」に慣れようというわけ。

それを「直前」にやるのは、「最高に慣れた状態」で入試本番に突入するためです。

これが、受験勉強初期の段階ですべての過去もを解いてしまうと、その時点では満足に解けないでしょうし、形式に慣れたとしても本番までに忘れてしまうことでしょう。

「じゃあもう一回直前にやればいいんじゃない?」

と思うかもしれませんが、過去に一回解いている問題なので、本番同様に取り組むことができません。

当然のことですが本番の問題は「初見」ですからね。予行演習も「初見」の問題でやらなければ効果が薄くなります。

だからこそ、なるべく直前期のために、多くの過去問を「初見」として残しておきたいわけです。

そして直前にこれを用いて、形式への慣れを最高まで持っていくわけです。

そうすることで実力を最大限に発揮できます。

私など、実力は大したことはなかったんです。それでも現役合格できたのは、直前の予行演習が効いたのだと思っています。

実力6の私が100%の力を出せた一方で、実力10のライバルが半分しか力を出せなかったら、そりゃ私でも勝ててしまう、ということ。

過去問を使った予行演習のやり方

ということで、過去問を使った予行演習のやり方ですが・・・

まず、制限時間は当然ですが、なるべく開始時間も入試本番と同じにしたほうが良いでしょう。

そうすることで生活リズム自体を入試本番に合わせることができます。

あと、何を意識して問題を解くといいかというと、これはもう「時間配分」ですね。

予行演習の過程で、時間配分を完全に固めておきましょう。どの問題に何分使うか、見直し時間は何分取るか、すべてきっちり決めます。

これを過去問で何度も予行演習をしていくことを通して固めていきます。

本番で実力を出し切るための鍵は「時間配分」ですからね。

もちろん、過去問をやってみて不安な部分を見つけたら、すぐに復習しましょう。

まとめ

まとめましょう。

・過去問は本番の予行演習のために5年分以上残しておく
・本番の時間に合わせて予行演習する
・時間配分をしっかり固める

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする