【超単純】東大合格者の英単語・英熟語の覚え方~中学生と高校生では違う?

東大合格者の英単語、英熟語の覚え方と言っても、中学生の頃と高校生の頃では違ったものになりそうですが・・・

中学生の頃は単語集は用いなかった

私の経験ということになりますけど、中学生の頃は、「単語帳」というものは用いませんでした

学校で使っている教科書に出てくる英単語、英熟語を、徹底的に覚えていけばそれで十分だったようです。

教科書に出てくるものですので、英文と一緒に目にすることになりますよね。

ということは、文章の流れの中で出てくることになりますから、話の内容と関連付けて、英単語の意味も覚えやすいと思います。

また、その英単語が実際どう使われているかも見たままわかるわけですね。

だから中学生の間は、教科書の英単語をしっかりと覚えていけばいいと思います。

東大合格者に共通する覚え方

でも、そんな私も、高校生になって、東大受験を意識し始めてからは、「英単語や英熟語はどうすればいいのだろう」と真剣に考えるようになりました。

それで、例によって、多くの東大合格者の体験記を読んだのですが、多くの人に共通する英単語英熟語の覚え方というのは、

「教科書や問題集や参考書に出てきた知らない英単語・英熟語をその都度覚えていく」

という方法。特に単語集などは使わないんですね。最初は

ということは・・・

この段階では、中学生の頃と、「覚え方」は変わらないことになります。

教科書や問題集や参考書に出てきた英単語を、前後の文章と結びつけて覚えれば、英単語を単独で覚えるよりもずっと記憶に残りやすいということ。

やはり、英単語に限らず、記憶というのはそうなんだと思いますが、他のことと結びつけて覚えると覚えやすくなるということですね。

だから私も、この多くの東大合格者のやり方を踏襲して、英単語・英熟語を覚えていきました。

教科書はもとより、問題集や参考書に、知らない英単語・英熟語が出てくるたびにそれを覚えていきます。

問題集・参考書を繰り返せば自然に…

問題集や参考書は何度も繰り返すことが前提ですので、1回ではムリでも、繰り返しやっていれば、その問題集なり参考書なりに出てくる英単語・英熟語で、意味のわからないものはない、という状態になります

だからまずは、良い問題集や参考書を厳選して、それを徹底的に繰り返せばいいんです。それで同時に、重要な英単語・英熟語を覚えていくことができます。

たとえば、私が徹底的に繰り返したものというと・・・

「英文法頻出問題演習」
「英文解釈教室」

どちらも、駿台予備校の伊藤和夫さんの本です。

ただまあ、現在ではもう古いのかもしれませんね。^^; まあ自分にあうものを見つければいいと思いますが。

この2冊は英文法と英文解釈の「基本書」ということで、徹底的に繰り返しました。その過程で、この両書に出てくる英単語や英熟語も、完璧に頭に入ってしまったわけです。

あ、もちろん学校の授業も真面目に受けて、教科書に出てくる単語熟語もしっかり覚えていきましたよ。

さて。

英単語集、英熟語集はこの段階で使う

でも、以上の覚え方だけでは足りないんです。ここが中学生の頃と違うところですね。

やはり東大に合格しようと思ったら・・・まだまだ足りないのではないかと、そのころ思いました。

なぜそう思ったかというと、東大を意識した模擬試験を受けた結果ですね。河合塾の「東大オープン」とか。今でもあるのかな?

東大入試の英語は、膨大な量の英文を素早く理解していかなければなりません

だから、英単語はたくさん知っておくに越したことはないんです。

そりゃ、前後の文章から知らない英単語の意味を推測する・・・ということはできますが、そんなことを頻繁にやっていては「時間切れ」となってしまいます。

ということで。

ここでやっと出てくるのが「単語集」「熟語集」なんですね。

徹底的に、よい問題集、参考書を繰り返した後で。それらにでている単語熟語を吸収した後で。

「抜け」を埋めるために使うのが単語集熟語集です

ここで用いたのが、

「試験に出る英単語」
「試験に出る英熟語」

ですね。

これで、知らない英単語・英熟語を覚えていきます。

超単純にしてメリットの大きい覚え方

で、その覚え方ですね。

超単純です。

たとえば「試験に出る英単語」を使うとしましょう。

で、ページを見ていくわけですけど、英単語を見て、その意味を口で言っていきます。もちろん答えは隠しておきましょう。(笑)

それで、即座に正しい意味を言えた単語には、鉛筆でチェックマークをつけていきます。まあ別に「正」の字でもいいです。^^

即座に正しい意味を言えた単語にはチェックを付けていく。

それをなるべく急いで進めます。どんどん進めます。

意味を思い出すのに時間がかかったとか、まったくわからなかったものは、その場で意味を確認し、すぐ次に移ります。

そうして、単語集の最初から最後まで、なるべく急いで駆け抜けていきます

あとはそれを何度も繰り返すだけです。

単純ですね。^^

そうすると・・・たくさんチェックが付く単語が増えてきますよね?

即座に意味を言える単語にチェックを付けていくわけですから。

そのチェックが、5個付いたものはもう、次から飛ばしてしまいます

するとですね、だんだんチェック5つの単語は増えていきますよね。飛ばせる単語が増えていく。

その結果、単語集の最初から最後まで、やり通すための時間がどんどん短縮されていきます。だから何度も繰り返すのって・・・何度も繰り返すほど楽しくなってきます。^^

これで、すべての英単語にチェックがたくさんつくまで繰り返すわけですが・・・

そうは言っても、どうしても覚えられない単語も出てきます。

たとえば10回繰り返したのにチェックがほとんどついてないとか。

そういう単語は、ノートにでも書き出して「自分の弱点単語」ということでまとめておきます

しっかり繰り返したあとなら、ノート1ページで足りるでしょう。

英熟語に関してもやり方は同じです。

で、「忘れてるんじゃないかな」なんて不安になったら、チェックが5個ついているような英単語でも、また見ていくといいと思います。

こうして徹底的に繰り返しておけば・・・

たとえば、受験前日に、単語集のすべての英単語を見直す、ということもあっという間にできてしまいます

受験前日に、入試によく出る英単語を短時間で総チェックできるわけですから、メリットが大きいと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする