未成年でもキャッシングを利用できる?社会人、既婚者なら大丈夫?

未成年つまり20歳未満でも、

「社会人=働いているのであれば、消費者金融のキャッシングを利用できるんじゃない?」

こう考えても、おかしくはありません。
ちゃんと働いていて、安定した収入があるなら何も問題なさそうです。

いくら収入が多くても無理

しかし、実際上問題なくても、法律が許してはくれません。未成年=20歳未満の人は法律上、自分一人で契約できないことになっているんです。

たとえしっかり働いていても、20歳未満というだけで、法律的には「無能力者」ということにされています。

「自分一人では契約できない」ということはつまり、保護者の同意が必要ということです。それを文書で示さなければならないということです。

それがなければ後で契約を取り消すことができてしまいます。

消費者金融から見れば、未成年者にお金を貸して、後で契約を取り消された場合、その人がすでに使ってしまって「返せません」ということになっても文句は言えないんです。

だから、面倒なことを避けるために、消費者金融は20歳未満の人とは契約しません。親の同意のあるなしにかかわらず、20歳未満というだけでダメです。

そんなに必要なら、親が契約してください、ということになります。

結婚していれば大丈夫?

次に既婚者の場合。

既婚者の場合は少し事情が違ってきます。

20歳未満であってもなんと、「結婚している」というだけで法律上は契約できることになっています。

つまり、お金を借りる契約も「法律上は」許されてしまうんです。

ちょっと意外ですよね。働いている人はダメなのに、結婚しただけでOKなんてね。

じゃあ既婚者は消費者金融からお金を借りられるかというと、これもやっぱり貸してくれません

消費者金融としては、お金を貸す相手の「返済能力」が重要ですので、「20歳未満」というだけで「頼りない」と判断してしまいます

法律上、既婚者は単独で契約可能であっても、消費者金融としては

「未成年者とは契約しませんよ」

というスタンスなのです。

「学生ローン」の誤解

誤解されやすいものとして「学生ローン」というものもありますね。

「学生ローン」というくらいだから、未成年者でも借りられるんじゃないかと思ってしまっても無理はありません。

でもこれ、20歳以上限定なんです。つまり、大学生であっても20歳以上でなければダメ、ということですね。

「20歳以上です」と嘘をついたらどうなる?

さてここで、悪いことを考えた人もいるかもしれません。

「20歳以上と嘘をついて契約して、お金を使ってから契約を取り消せば・・・丸儲け?」

なんてことを。

これは、そうはいかないことになっています。

20歳以上だと嘘をついて契約した場合は、契約を取り消すことはできません。

「利息も含めて、ちゃんと返してくださいね」

ということになってしまいます。

そうすると今度はこう考える人もいるかもしれません。

「じゃあ、未成年でも嘘をつけば借りられるのね」

と。

まあ、嘘がばれなければ借りられるのかもしれませんが、普通はバレます。

それはそうです。法律で「契約できない」ことになっているわけだから、消費者金融としても、

「この人、怪しい」

と思ったら、あらゆる手段を使って調べます。その結果バレます

バレれば「この人は嘘をついた人」という記録が残ります。となると当然・・・成人したあとも、借りることが難しくなってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする