過酸化脂質の肌への影響~肌荒れの原因?

過酸化脂質というと、脂質、つまり私たちの体に存在する
「あぶら」が活性酸素によって酸化されてできるもので、
体中どこででもできる可能性があるものです。

それで今回は、過酸化脂質の「肌」への影響に絞って
書いていきたいと思います。

肌に存在する脂質は皮脂だけではない

肌の脂質といえば真っ先に皮脂が思い浮かびますね。
それから、角質細胞の隙間を埋めている
セラミドなどの細胞間脂質があります。

それで、肌は外気にさらされていますので、
紫外線や雑菌、有害物質などいろいろな刺激を受けてしまいます。

その刺激がきっかけとなって、肌で活性酸素が生成されます。
その活性酸素が皮脂や細胞間脂質を酸化させて
過酸化脂質ができてしまうというわけです。

過酸化脂質の影響によって肌はどうなる?

それで、活性酸素自体も、肌、というか細胞にとって
悪影響の大きい物なんですが、活性酸素と脂質が結びついた
過酸化脂質も肌に悪影響を与えます。

活性酸素は短く激しく、
過酸化脂質は長くじわじわと悪影響を与えるという感じですね。

過酸化脂質によってメラノサイトが刺激されれば
メラニンが生成されてシミが増えることになります。

もっと奥の、コラーゲンが傷つけられれば
肌の弾力が次第に失われることになります。

そして肌細胞自体が傷つけられれば、
肌はだんだん元気を失い、バリア機能が衰えることで肌荒れが増え、
そして老化が加速していくことになります。

なのでなんとしてもこの
過酸化脂質の悪影響は防ぎたいのです。

そのためにどうすればいいのか?

まずは基本的なスキンケア

まず、皮脂が酸化されると良くないということなので
皮脂を徹底的に落としてやろうと考えるかもしれませんが
これは間違っています。

皮脂はバリア機能を構成する一要素ですので
必要な皮脂まで失うとこれまた肌に悪影響があるからです。

なのであくまで皮脂については、
酸化したような古い皮脂がいつまでも肌に残っていないようにする
ということが大事ですね。

これは細胞間脂質についても同じことが言えます。

となると、皮脂や細胞間脂質を含んだ表皮が
正常に入れ替わることが大事なんだということがわかってきます。

結局のところ、元気な肌細胞によるターンオーバーが
鍵になるということですね。

活性酸素対策

もう一つの工夫としては、活性酸素自体を
防いだり除去したりすること。

活性酸素自体を極力生成させないためには
紫外線などの外からの刺激を避ける事も大事ですし

ストレスや激しい運動でも体内で活性酸素が生成されますので
そちらにも気をつけていかなければなりません。

活性酸素を除去してくれるような抗酸化物質を、
内側と外側から補給するのも大事です。

内側からというのは食事やサプリメントなどで
抗酸化物質を取り入れるということですね、

外側からというのは抗酸化物質が配合された
基礎化粧品を用いるということになります。

これによって、肌に存在する脂質への
活性酸素の影響を防ごうというわけです。

抗酸化物質として有名なのは
ビタミンCやE、各種ポリフェノール、
βカロテン、リコピン、カテキンなどがあります。

ビタミン類の誘導体は
化粧品に配合されていることが多いですね。

ビタミンC誘導体は特に多いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする