収入証明書不要のキャッシングがあるって本当?

収入証明書不要のキャッシングあるどころか、最初は収入証明書が不要であることのほうが普通でしょう。

いきなり50万円超を借りる人は少ない

なぜなら、「収入証明書を見せてください」と言われるのは、50万円を超える金額を借りようとした場合に限られるからです。

消費者金融は初めて、という人が、いきなり50万円を超える金額を借りるというのは少数派でしょうから、まあ普通は収入証明書は必要ない、というわけですね。

ちなみに、銀行の個人ローンの場合、銀行によって収入証明書が必要な借入れ金額は違っています。

たとえば三井住友銀行のカードローンの場合、「300万円以内なら収入証明書は不要」となっていますね。

収入証明書として使える書類は?

それで、消費者金融の場合は50万円が区切りなのですが、

「いや、私は50万円を超える金額を借りたいんだよ」

という人は、収入証明書として、どんな書類を用意しておけばいいのでしょうか?

まず、多いパターンとしては、源泉徴収票か、確定申告書ということになります。もちろんコピーでいいんですよ。

これ以外だと、給料明細でもいいのですけど、この場合は最低でも最近2か月分は必要になりますね。あと、ボーナスをもらっている場合は賞与明細も必要になります。

会社勤めの場合、会社があなたのかわりに、住民税を納めている場合がありますが・・・もちろんこれ、あなたの給料から天引きしているのですけど、その場合は会社から「住民税額通知書」を受け取ることと思います。

この住民税額通知書も、収入証明書として使えます。納めた住民税がわかれば、収入もわかるというわけですね。

「所得(課税)証明書」というものも、名前のとおり収入証明書となりますが、これは市役所や区役所、町村役場でお願いして発行してもらうものとなります。

年金も「収入」として認められる

あと、年金をもらっている人の場合、年金も一応、消費者金融では「収入」と認めてもらえます。

それでその場合、「年金をもらっていますよ」という証明が必要ですが、これは年金証書や年金通知書を用いることになります。

以上のようなものが収入証明書として使えますが、業者によって微妙に違ったりしますので、そこは確認が必要ですね。