グリチルリチン酸ジカリウム(2K、二カリウム)と化粧品

グリチルリチン酸ジカリウムは化粧品の成分を見ると
配合されていることが多いと思います。

生薬として用いられてきた

「ジカリウム」の部分を「二カリウム」とか「2K」と
表記する場合もありますし、単にグリチルリチン酸と
表記されていることもあります。

これらはすべて同じもので、
もとはというと生薬としておなじみのカンゾウから
抽出されたものです。

なので甘草エキスと呼ばれることもあります。
名前からもわかるとおり、甘味料としても使われることがあるのですが、
これが化粧品とか育毛剤などによく配合されています。

それはなぜか、気になりますよね。

なぜ化粧品や育毛剤に配合されているのか

化粧品にしても育毛剤にしても肌に直接つけるものです。

それで、肌に合わない場合は、
肌が赤くなったりかゆくなったり、
ひどくなると湿疹ができてしまったり・・・

要するに肌が炎症を起こしてしまいます。

グリチルリチン酸ジカリウムは
こうした炎症を抑える働きがありますので
肌に直接つける化粧品や育毛剤などに
配合されることが多いんですね。

敏感肌の人でも、肌トラブルが起きないように
という配慮から配合されることが多いです。

あとは抗炎症作用ということで、
かゆみを抑えるためにシャンプーに配合されていることもあります。

また、殺菌作用もあるということで、
抗炎症作用と合わせて、ニキビケアのための製品に
配合されていることもあります。

成分表示はしっかり確認すること

ただ、こう聞きますと、
化粧品や育毛剤に刺激が強い成分が入っているから
グリチルリチン酸ジカリウムで抑えなければならないんじゃないか
とも思ってしまいますよね。

もちろんその疑いのある製品も存在するでしょうから、
成分表示は慎重に確かめる必要があります。

「薬用」だけど効果がずれているケース

また、単に「薬用」とか「医薬部外品」と
名乗りたいがためにグリチルリチン酸ジカリウムを
配合している場合もあります。

たとえば育毛剤などに多いパターンですけど、
「薬用」とか「医薬部外品」と書いてあると
効果がありそうな印象を受けてしまいますよね。

いかにも「毛が生えそう」と。

でも実は、育毛成分の効果が高いから
「薬用」「医薬部外品」と名乗れているわけではなくて

単に抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムが
一定量配合されているからそう名乗れている
という製品が多いんです。

そういう点も気をつけてみる必要があります。

グリチルリチン酸ジカリウムの副作用ですが
化粧品や育毛剤に配合されている範囲なら
特に心配は要りません。

もともと、生薬として用いられてきたようなものですからね。

ただ、あまりに大量に経口摂取すると
副作用が出ることもあるといわれています。

偽性アルドステロン症といって、
症状としては高血圧になってしまうものですね。