消費者金融にブラックリストなんてあるの?

「返済遅れたらブラックリストにのっちゃうよ」
「ブラックリストにのるとお金借りられないよ」

なんて、よく聞きますよね。

でも、そもそも、

「ブラックリストって何? そんなの本当にあるの?」

と思ったことはありませんか?

「ブラックリスト」のような働きを持つもの

これ実は・・・「ブラックリスト」っていうリスト自体はないんです。そんなリスト、消費者金融とか銀行同士で送ったり送られたり、ということはありません。

でも、「ブラックリスト」と同じ機能を果たしてくれるものならあります。

その一つが以前紹介した「信用情報機関」です。

個人信用情報機関とは

たとえばあなたが消費者金融のキャッシングを利用しようとした場合。

契約の時に、

「あなたの借り入れに関する情報を、信用情報機関でも利用しますけど、いいですか?」

という書類にも、ハンコを押すことになります。
これを拒否するとお金を借りられないので、結局認めざるを得ません。

ということで、あなたがどこでいくら借金したか、という情報は、信用情報機関に記録されます。

でも、これだけじゃ「ブラック」ではありませんよね。

「ブラック」情報とは

例えばここに・・・

「半年も返済が遅れています」

とか、

「自己破産しました」

とか、そういう情報も記録されてしまうんです。

そういう情報が記録された場合・・・消費者金融業者は、審査の時に、それを知ることができます。

そうなるとやっぱり・・・お金を貸してもらえませんよね。

だからこの、信用情報機関に残されている記録が、「ブラックリスト」のような働きをすることになります。

時間が経てば記録も消えるが…

それで、

「一度記録されてしまうと、一生消えないの?」

と心配になるかもしれませんが、JICCとCICは5年で情報が消えます。また、KSCは10年で情報が消えます

KSCって、銀行が利用する信用情報機関だから、消費者金融の場合は、5年で「ブラック」情報が消えることになりますね。

「それなら5年経てば、ブラックでなくなるんだね」

なんて思った方。

実は残念ながら、そうでもないんです

しかし、政府がご親切にも…

問題なのは「自己破産」の場合。

これ、ご丁寧にも「官報」で発表されてしまうんです。官報って、政府が発行している広報誌ですよね。

それでですね、官報で発表されてしまうと・・・消費者金融によっては、その官報の自己破産情報を、自社でずっと蓄積している場合があるんですよね。

官報って、国が発表している情報ですからね。これを集めても、法律的には何の問題もないんです。

そうなるとこれ、自己破産の情報に関しては、「いつまでたっても消えない」「一生消えない」ということもあり得るんです。

だから、自己破産は、軽々しくやるべきものではないんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする