乾燥肌は肌老化を加速する

老化すると肌が乾燥しやすくなるといいますが、
逆に肌の乾燥が肌老化を進めるということもあります。

つまり肌の乾燥が始まると
負のスパイラルが始まってしまうというわけですね。

ではなぜ乾燥肌が肌老化を進めてしまうのか
ということを説明していきたいと思います。

あなたのバリア機能は大丈夫?

いわゆる普通肌というのは、
皮脂がバランスよく分泌され、
かつ角質層も健康な状態にあって、
肌の水分が逃げにくい状態になっています。

ところが乾燥肌の場合、皮脂が不足していたり、
角質層が傷ついていたりして、
肌の水分が逃げやすくなっています。

つまり肌のバリア機能が衰えているということです。

乾燥肌とは肌のバリア機能が壊れている状態なんですね。

肌表面が硬くなる

このような状態ですと、
角質層も乾燥して硬くなっていますので
古い角質が溜まりやすくなってしまいます。

そしてそれは、部分的に厚かったり薄かったり、
さらに乾燥でひび割れしていますので
光をきれいに反射してくれません。

つまり、肌に「くすみ」が出るということです。
見た目の滑らかさも透明感も失われてしまうということです。

その上、小じわも増えやすくなってしまいます。

細胞の元気がなくなる

さらに、水分不足ということで
肌細胞自体も元気を失っていますので
細胞分裂が緩慢になっています。

つまり、肌細胞の入れ替わり=ターンオーバーも
衰えてしまっているということです。

となると、何かのきっかけで生成されたメラニンが
肌に溜まりやすくなってしまいますよね。

ターンオーバーによって排出されないのだから。

ということで、くすみもひどくなりがちですし、
シミもできやすい状態ということになります。

これだけでも乾燥肌は老化が進みやすい
ということがわかりますけど・・・

さらに。

肌表面がひび割れる

バリア機能が壊れているんでしたよね。
それで角質層がひび割れだらけだと。

これは、内側の水分が逃げやすいだけでなく
外側からの刺激も入って来やすい状態だと言えます。

つまり、肌が刺激に弱い状態。
乾燥肌の人が敏感肌も兼ねているのは
そういう事情からです。

外部からの刺激が肌細胞を襲いますと、
肌では活性酸素が生成されます。

これが肌で炎症を起こしてしまうわけですね。

そしてその刺激によって、
メラニンも生成されてしまいます。

ニキビ跡などに色素沈着が起こることがあるのはこのせいです。

なので、バリア機能が壊れて刺激に弱くなっている肌は
シミができやすい肌だということもできます。

細胞分裂が限界に達すると…

また、活性酸素が生み出されて炎症が起こっているということは
肌細胞が死んでいるということでもあります。

新たな細胞を作るために細胞分裂をしなければなりませんが、
細胞分裂の回数にが限界があります。

限界に達した細胞が増えていくとどうなるかというと・・・
これは当然、老化が進むということになりますよね。

新しい細胞ができなくなってしまうわけだから。

そうなるともう、シミやシワを改善することが
極めて困難な状態になってしまいます。

不可逆的な老化というわけです。

そうならないためにも、
肌のバリア機能を守って乾燥を防ぐというのは
大事なことなんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする