借金地獄、借金まみれの生活からの脱出方法【まとめ】

借金生活から抜け出すための方法を、ここではまとめてみたいと思います。

その1:借金が消えている場合

まず、「借金地獄苦しいなぁ」なんて思っていても、そもそも借金が消えている場合があります。

「え? それってどういうこと?」

と思うかもしれませんけど、グレーゾーン金利が廃止されましたので、昔の高い金利のままのつもりで返済を続けていた場合「返済しすぎ」てしまっているかもしれないんです。

こういう場合はもう借金が消えているどころか、逆にお金が返ってくる可能性もありますので、一度計算してみる必要があります。

その2:一本化、おまとめローン

2つ目として「おまとめローン」を利用することですね。これは数社からの借り入れを、それらより金利の安い1社からの借り入れにまとめてしまうということです。

たとえば以下のように借金していたとしましょう。

A社から100万円、金利15%
B社から100万円、金利15%
C社から100万円、金利15%

これを、一つにまとめてしまうわけですね。その場合に利用できるのが「おまとめローンです」

D社から300万円、金利13%

というふうにまとめられれば、金利も安くなるし、返済先も一つになってすっきりするということでメリットしかありません。

ただこの場合、おまとめローンをうまく選ばないと、「大して状況は変わらなかった」ということにもなります。

その3:任意整理「利息なんとかなりませんか?」

次に3つ目の方法ですが、「任意整理」というものがあります。

これは「任意」ですので要するに、消費者金融業者と直接話し合って、返済しやすいような返済計画を立てようというものです。

その際、

「利息ちょっとまけてくださいよ」

という相談をすることもできます。ただこういう相談って、個人でやるのは難しいですので、弁護士に頼ることになります。

その4:特定調停「調停委員様、お願いします」

4つ目として「特定調停」という方法もあります。これは任意整理のように消費者金融業者と直接話し合うのではなく、間に「簡易裁判所」に入ってもらって話し合います

こちらは自分に法律的な知識がなくても、簡易裁判所の調停委員が間に入ってくれますので、話し合いを進めることができます。

弁護士に依頼するより費用も安くすみます。

その5:個人債務者再生手続き「一部だけ返すので許して」

5つ目として、「個人債務者再生手続き」というものがあります。

これはもう自己破産の一歩手前のようなもので、

「借金の一部は返すから、残りは免除してください」

という、なんとも虫の良い手続きです。

ただ免除してもらう条件として、「再生計画」通り、きっちりお金を返済していく必要があります

ただこの手続が煩雑で、弁護士に頼らないとまず実行できないでしょう。

最終手段:自己破産「ゼロからやり直します…」

そして6つ目、最終手段が自己破産ですね。これはもう、自分の財産も借金も、すべて「ゼロ」に戻して、ゼロからやり直そう、という手続きです。

自己破産後一定期間はお金を借りられませんし、また特定の職業にはつけなくなるなど、デメリットも多いですので、あくまでこれは「最終手段」ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする