消費者金融の「キャッシング手数料」とは?その意味を誤解していませんか

実はですね、消費者金融業者は、キャッシングでお金を貸すときに「手数料」は取ってはいけないことになってるんです。

消費者金融業者は利息以外は取ってはいけない

「手数料」という名前だとしても、それは「利息」なんですよね。クレジットカードのキャッシングの場合、「手数料」っていう名目を見かけますけど、それって利息です。

消費者金融業者は、利息以外はお客さんから取ってはいけないと、法律で決まっているんです。

もし「手数料」その他の名目で消費者金融にお金を払ったとしたら・・・それは利息を払ったことになるんです。

上限金利+手数料は違法

たとえばあなたがある消費者金融から実質金利年15%で200万円借りたとしましょう。

100万円を超える借入金だと、利息の上限は15%だから、これもう上限に達していますね。

この上さらに「手数料」を消費者金融に払ったとしたら・・・その消費者金融は利息制限法を破ったということになります。違法ですね。

「手数料払ってるんだけど…」

それでも、

「いやいや、私、手数料取られましたよ?」

という人がいるかもしれません。

その手数料はたぶん、「振込手数料」「ATM手数料」です。

つまり消費者金融に払ったのではなくて、「銀行」に払った手数料ですね。

たとえば、あなたが銀行振込でお金を返済する場合、利用している銀行に振込手数料を取られてしまいます。

ATMからお金を引き出す場合も、その消費者金融のATMではなくて、「
提携している銀行」のATMということが多いわけです。

この場合、ATM手数料を、その銀行に取られてしまうことになります。

だからできれば、「提携」によって振込手数料とかATM手数料が無料になっているところを利用したいですね

だって、ただでさえ消費者金融に利息を払わないといけないのに、さらに銀行に手数料も払わないといけないなんて・・・

これじゃあ、金利が増えているようなものですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする