グレーゾーン金利とは~廃止の時期と影響

貸金業法が改正されて「グレーゾーン金利」が廃止された、というのは聞いたことがあるかもしれません。

でも、

「グレーゾーン金利って何?」

という人もいると思います。

グレーゾーンというと、あれですよね。違法ではないけど、合法とも言い切れない、はっきりしない印象。

「そんなはっきりしない金利の支払いで苦しんでたの?」

なんて思う人も多いはずです。

「わけがわからない」法律の規定

それでまず、このグレーゾーン金利なんてものがなぜ生まれてしまったかということですが・・・

法律がダメだったんです。
法律自体がはっきりしていなかったんです。

お金を借りるときの利息については、まず利息制限法というのがあります。こちら上限利息はこのようになっています。

借金10万円未満・・・20%
10万円以上100万円未満・・・18%
100万円以上・・・15%

ところがもう一つ、利息について定めている法律があって、これを「出資法」といいます。出資法の上限利息はなんと、

29.2%

となっていたわけです。
もう、「わけがわからないよ」ですね。(汗

この、利息制限法と出資法の、上限利息のの部分を「グレーゾーン金利」と呼んでいたわけです。

返す側は高金利を認めていた?

で、消費者金融業者はもちろん、出資法の、高い方の金利でお金を貸していたわけですね。

ただ、法律が変わる前も、この高い方の利率でお金を貸すには条件がありました。

それは借りる側が、

「その利率でいいですよ」

と認めた上で、利息分を払うということです。
これを「みなし弁済」といいます。

「利息制限法を超える高い利率でいいですよ」

と認めた上で実際に払う。これが「みなし弁済」。

しかし、裁判では認められなかった

でもこの「みなし弁済」、裁判ですべて否定されることになります。

「そんな高金利での返済は認められません」

と、裁判で言われてしまうわけです。

なぜかというと・・・実際に「みなし弁済」とか上限金利に関する法律なんて、「知った上で」返済している人なんてほとんどいなかったからです。

そりゃ、そんな法律の細かいことなんて、普通の人は知りませんよね。ただでさえ上に書いたような、わけのわからない金利差があるのに。

ということで。

そしてグレーゾーン金利廃止へ

「裁判でも否定されちゃったし」
「いい加減このわけのわからない金利差はなくそう」

となったのが「グレーゾーン金利廃止」というわけ。

いろいろな法律が改正されて、2010年から施行、つまり効力を発揮し始めました。

利息制限法と出資法の上限金利の差もなくなり、貸金業法の「みなし弁済」も廃止されました。

このことによる影響は・・・非常に大きかった

消費者金融業者には過払い金返還請求が殺到することになりますからね。

「高い利息で、払いすぎてしまったお金を返してください」

というわけです。
この影響もあって、消費者金融業者は激減してしまいました。

その一方で、弁護士さんはいくらか儲かったようです。