キャッシングで払いすぎた利息は過払い金返還請求できることも

貸金業法の改正で、上限利率が引き下げられた、ということでしたよね。

でも中には、こういう人もいると思うんです。

払ってしまった分は泣き寝入り?

「もう、金利が高い時代に返済しちゃったんだけど」
「法律が変わる前に払ってしまった分は泣き寝入り?」

昔はですね、利率は最高で29.2%だったんですよね。ところが貸金業法の改正で、これ、大きく引き下げられました。

借入枠によって上限金利は違います。

10万円未満・・・20%
10万円以上100万円未満・・・18%
100万円以上・・・15%

これ、すごい変化ですよね。100万円以上借りていた場合、昔は約30%で、今は15%だから、約2倍も利息を払っていたことになります。

払いすぎた利息は返してもらえる

既に返済してしまっている人の場合・・・新しい利息で計算し直すと、払いすぎてしまっている場合があるんです。

つまりこちらが逆に、消費者金融業者にお金を「貸している」状態

これは、法律改正前に払ったから返ってこないかというとそうではなく、「過払い金」として返してもらうことができます。

自分でも過払い金返還請求できますが

もちろんこれ、自分で計算して「返してください」っていうこともできます。良心的な業者ならそれで返してくれるでしょう。

これまでの返済記録も、自分で明細を保存していればそれでいいのですけど、ない場合は消費者金融業者の側に返済記録を見せてもらわないといけませんね。

これも、良心的な業者であれば協力してくれることでしょう。

でもなんだかんだ言ってなかなか返してくれない場合。これは法律的な手段に頼ることになると思います。

その場合は、弁護士に相談してみるといいですね。

過払い金変換で、意外にたくさんのお金が返ってきて、嬉しい思いができるかもしれません。

消費者金融業者は大変

ただ逆に考えると・・・消費者金融業者の方は大変ですよね。

確かに高い利率とはいえ、いちおう法律に定められた利率を守っているつもりだったのに、それが「違う」ということになって、

「さあ返せ」

ということになったわけですので。これで多くの消費者金融業者が潰れてしまったという話です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする