亜鉛の効果~髪や肌、美容に必須のミネラル

亜鉛が不足すると抜け毛が起こるということを前回書きましたが・・・

プロペシアと亜鉛の併用でAGAは改善するのか?

亜鉛は髪だけに必要なのではない

亜鉛は単に髪に関係しているだけのミネラルじゃないんです。
亜鉛は私たちの体の、あらゆる活動に関与しているといってもいいくらいです。

なので亜鉛が不足すれば、髪が減るどころではなく、
美容と健康すべてがダメージを受けるといっていいでしょう。

なぜそう言えるのか?

亜鉛は体内で働いている多くの酵素の生成に必須だからです。

生命活動=化学反応には酵素が不可欠

まあその数については、100の酵素に関わるとか、
いやいや300もの酵素に関わるんだとかいろいろありますけど^^;
どちらにしても非常に多くの酵素の生成に必須のミネラルですね。

私たちの体の生命活動というのは、化学反応だといっていいわけですが
その化学反応を進めるのが酵素です。

だから亜鉛がなければ酵素も消えてしまい、
私たちの命も消えてしまうということになります。

もっと細かく見ていきますと・・・

細胞分裂には亜鉛が必要

たとえば、私たちの体の細胞が分裂するためにも酵素が必要ですが、
その酵素の生成のためにも亜鉛が必要です。

ということは亜鉛が不足すれば細胞分裂が衰えるということになります。

だから抜け毛につながるんだという話でしたが、
それだけでなく、肌の細胞分裂も衰えてしまいますよね。
亜鉛が不足すれば肌も衰えてしまうということです。

肌の細胞分裂が衰えるということは肌の傷も治りにくくなるということですね。

肌といいますと美肌のためにはコラーゲンが必要ですが
そのコラーゲンを作るためにも酵素が必要で
その酵素のために亜鉛が必要です。

だから亜鉛が不足すればコラーゲンも減ってしまいます

免疫機能にも亜鉛が必要

また、免疫機能にもいろいろな細胞や酵素が関わっていますので、
亜鉛が不足すればそれらの細胞や酵素の働きも衰える、
つまり免疫機能も衰えることになります。

ホルモン分泌にも亜鉛が必要

いろいろなホルモンを作るためにも酵素は必要で
酵素が必要ということは亜鉛も必要ということですね。

だから亜鉛が不足すれば、ホルモンが不足してしまう、
たとえば性ホルモンが不足して女性だと肌が汚くなったり生理不順になったり、
男性だと性欲減退や精子減少なども起こります。

成長ホルモンが不足すれば、子供だと背が伸びないということにもなるし、
大人だと、これまた肌の新陳代謝が悪くなったり
脂肪が燃えにくくなったりして、美容が失われます。

インシュリンというホルモンが不足すれば、血糖値が上がりやすくなってしまいます。
インシュリンは血糖値を抑えるホルモンですから。

抗酸化酵素の素材

またSODという酵素もありますけど、
これは体内の活性酸素を取り除く酵素でしたね。

活性酸素は老化やいろいろな病気の一大原因といわれていますので
SODが不足すれば老化が進むし病気も増えるということになります。

このように。

亜鉛はもう、私たちの体のあらゆる活動に必要といっていいミネラルなんです。
だから不足させてはいけないんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする