紫外線散乱剤の成分・酸化チタンの毒性

紫外線吸収剤より負担が小さい?

日焼け止めとして用いる紫外線散乱剤には
酸化チタンという物質が用いられていることが多いです。

それでこれ、紫外線吸収剤に比べると
肌への負担が小さいとは言われてきたのですが、
いろいろと気になる噂も耳にしますね・・・

酸化チタンが活性酸素を生む

なぜかといいますと、酸化チタンに紫外線が当たると
活性酸素が発生してしまうからです。

これではいくら紫外線を反射しても、
活性酸素自体が肌を老化させてしまいます。

ちなみに、酸化チタンには、
ルチル型とアナターゼ型があって、
後者のほうが活性酸素を沢山発生させ、
毒性が強いです。

化粧品に配合されているのはもちろん前者のほう。

ナノ化とコーティング

ただ、日本の化粧品の場合、
この酸化チタンを「ナノ化」していることがほとんどです。
つまり細かい粒にしているということ。

細かい粒にすると、それだけ表面積が増えますので
活性酸素も発生しやすくなると考えられます。

ですので化粧品メーカーは、ナノ化した酸化チタンを
別の物質でコーティングすることで、
肌に直接触れないよう配慮しています。

コーティングする必要があるということは
わざわざコーティングする必要があるということは・・・
やはり酸化チタン自体は肌に良いものではない
ということの証明でもありますね。

ただ、酸化チタンが周りの酸素に触れなければ
その酸素を活性酸素に変えてしまうこともありませんので
コーティングによって安全性は高まっていると言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする