5αリダクターゼ、DHTをノコギリヤシで抑制できる?

5αリダクターゼの働きを抑制する物質としては
日本ではフィナステリドが唯一認められていますが、
フィナステリド以外に何かないのか気になる人もいるでしょう。

それでノコギリヤシの効果について聞いたこともあるのではないでしょうか。

ノコギリヤシについても、AGAの改善に効果があるのではないか
という研究結果もあります。

「ノコギリヤシに効果あり」との研究結果は…

アメリカでの研究ですが、ノコギリヤシに含まれる
βシトステロールという物質が、5αリダクターゼの働きを
阻害するのではないかとの研究結果です。

それが本当であれば、プロペシアよりも安い
ノコギリヤシのサプリメントでAGAを改善できそうですが・・・

ただこれに対しては否定的な意見も多いです。

なぜなら、ノコギリヤシが5αリダクターゼの働きを
阻害するのではないかとの結論を出した研究は
あまりに規模が小さかったからです。

対象となったのがたった10人の男性ということですので、
それだけの研究対象で、ノコギリヤシに効果ありとは
認められないというんですね。

フィナステリドの作用からの推測

ただ、前立腺肥大に対する治療効果は、実験で確かめられていて、
ヨーロッパではノコギリヤシを前立腺肥大を治療するための薬として使っています。

で、それが何の意味があるのかというと・・・

5αリダクターゼを抑制してくれるフィナステリドも
もとはといえば前立腺肥大を治療するためのものだったんですね。

それがAGAの治療にも使えるということで、
ノコギリヤシにも期待がもたれているというわけです。

ただ今のところは、ノコギリヤシがAGAを改善できると
確認できるような研究結果はないようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする