5αリダクターゼ(還元酵素)1型2型とジヒドロテストステロン抑制

5αリダクターゼは、AGAの最初のスイッチを押す酵素と考えられています。
これがあるために男性ホルモンがジヒドロテストステロン(DHT)というものに
変えられてしまうわけです。

5αリダクターゼのすべてが悪者ではない

ただ5αリダクターゼには1型と2型があって、
そのどちらもAGAの原因となっている・・・わけではないんです。

5αリダクターゼ1型のほうは、体じゅうの毛の毛乳頭細胞に存在します。
つまり体じゅうどこにでもあるというわけで、
こちらはAGAの原因とはなりません。

問題なのは2型のほうなんですね。
5αリダクターゼ2型が、頭頂部と生え際の毛の毛乳頭細胞に存在するんです。

だから、AGAでは頭頂部と生え際の毛が薄くなるんですね。

それで、この5αリダクターゼ(還元酵素)2型が、
頭頂部や生え際の毛の毛乳頭細胞の中で男性ホルモンを還元します。
そうするとジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。

これ、別名「脱毛ホルモン」なんていわれることもあります。

そんな命令出すなよ!

これが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)に
キャッチされると、毛乳頭細胞が変な命令を出し始めます。

まだ成長しきっていない毛に対して

「もう十分です、抜けなさい」

と。

これは・・・迷惑ですよね。^^;

順番に書くとこうなります。

5αリダクターゼが男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変える

→ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞のレセプターにキャッチされる

→毛乳頭細胞が「脱毛」命令を出す

ジヒドロテストステロンの生成を抑制するために

ということで、AGAを治療するには、
毛乳頭細胞の「脱毛」命令を止めればいいのですよね。

そのためにはジヒドロテストステロンの生成を抑制するといい。

そしてそのためには5αリダクターゼ2型の働きを阻害するといい。

ということになります。
その5αリダクターゼ2型の働きを阻害してくれるのが、
フィナステリドという物質です。

そしてこのフィナステリドが配合されている薬が
プロペシアということになります。

まあプロペシアは日本で有名というだけで、
フィナステリドを配合した薬は他にもいろいろあるんですけどね。

それはまたの機会に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする