AGA治療に使う薬って何?効果あるの?

AGAの治療は病院で行うわけですので、
治療で用いられる薬も一定の効果が医学的に認められたものです。

どんな薬を使うのかというと、
一つはフィナステリド、もう一つはミノキシジルですね。
この2つを組み合わせて用いることが多いです。

フィナステリドの効果

フィナステリドというのは何かというと、
5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する薬です。

5αリダクターゼについては前回少し取り上げましたが、
これが男性ホルモンに働きかけて脱毛ホルモンに
変えてしまうのでしたね。

その5αリダクターゼの働きを阻害するのがフィナステリド。
で、フィナステリドが配合されている薬がご存知プロペシアです。

ミノキシジルの効果

次にミノキシジルですが、
こちらは頭皮の血行をよくして育毛を促すものです。

もともとは血圧降下剤として用いられていたものですが
副作用として多毛症が引き起こされることがあって、
それで育毛剤として研究された結果、現在は育毛剤として
用いられているというわけ。

このミノキシジルが配合されている育毛剤には
大正製薬のリアップがありますね。海外ではロゲインが有名です。

つまり、フィナステリドで抜け毛を防いで、
ミノキシジルで毛を成長させようというわけ。

この2つを使って治療するのが、現在AGA治療の主流となっています。

それで。

気になるのは「効果あるの?」ということですよね。

昔の育毛サロンみたいに、大金を取られるのに効果はほとんどない
なんてことはイヤですからね。

効果が出ない場合もある

効果はもちろんあるのですけど・・・
そりゃ医学的に認められている方法ですからね、
でも、誰にでも効果があるかといえばそうではないんです。

まずこの方法で治療できるのはAGAだけですね。

5αリダクターゼが原因になって起こる男性型脱毛症だけ。
これ以外の脱毛症には効果はありません。

まあミノキシジルのほうは効果があるかもしれませんけどね。
血行をよくするのだから。

フィナステリドのほうは、AGAでなければ
飲んでもまったくの無駄になります。

あと、AGAでも効果が望めない場合もあります。
ただそれは治療前にテストすることでわかりますので、
そう心配する必要はありません。

ということで、AGAかもしれない、という場合は
はやめに病院に行ってみたほうがいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする