AGA(エージーエー)とは~原因は遺伝?

AGAというのはCMでもよく聞くようになりましたので、
薄毛のこと、いわゆる「ハゲ」のことだろうとは
なんとなくわかるのですが、

じゃあ普通の薄毛と何が違うのかというのが気になるところだと思います。

実はAGAの直接的な原因ははっきりしているんです。
だからそれに対する治療法もある程度確立していて、
宣伝もできるというわけなんです。

男性ホルモンが悪者なのか?

で、AGAとは何かというと男性型脱毛症のことですね。
だからまず、成人男性にしか見られないものです。

なぜ成人男性にしか見られないかというと、
男性ホルモンが関わっているからなんですね。

ただ、男性ホルモン自体が悪いんじゃないんです。
もしそうだとすれば、男性はみんなハゲてしまいます。

何が悪いのかというと、AGAになる人は、
5αリダクターゼという酵素の働きが活発なんです。

この5αリダクターゼの働きが活発かどうかは、
残念ながら生まれつき、つまり遺伝で決まってしまうようです。

男性ホルモンが脱毛ホルモンに変えられてしまう

それでこの5αリダクターゼが
男性ホルモン=テストステロンに働きかけて、

これをジヒドロテストステロン(DHT)というものに
変化させてしまいます

このジヒドロテストステロン(DHT)こそが悪者で、
毛髪が成長しきる前に脱毛させてしまいます
だから別名「脱毛ホルモン」とも言われます。

だからAGAの特徴としては、細くて弱弱しい毛が増えてくる
というのがありますね。成長しきる前に抜けちゃうから。

それから生え際と頭頂部が薄くなるという特徴もありますが、
こちらは因果関係は不明です。

AGAの治療法

でも、こういうメカニズムがわかっているからこそ、
AGAも治療のしようがあるというわけです。

つまり、聞いたことあるかもしれませんが、
プロペシアという「飲む育毛剤」によって、
5αリダクターゼの働きを抑制するんですね。

それによって、男性ホルモンが脱毛ホルモンに変化させられるのを防ぎ、
毛髪が成長しきる前に抜けてしまうという現象を防ぐ、というわけ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする