貸金業法改正のポイント~上限金利と総量規制だけ?

貸金業法(かしきんぎょうほう)というのは、簡単に言うと、

「消費者金融の仕事をしている人が守るべき法律」

ということになりますね。貸金業を規制する法律です。

なぜ改正したの?

それでこれ、2006年に改正されて、2010年から完全施行となりました。まあ、最近・・・といってももうずいぶんたちましたけど・・・新しくなった法律、ということなんですね。

何のために貸金業法を新しくしたのかというと、消費者金融からお金を借りる人が、

安心して借りられるように
無理な借金をしないように

そのための改正ということなんです。

改正ポイントで特に大事なのは

「じゃあ何が変わったの?」

ということなんですけど、私たち借りる側から見て、重要な改正点は3つあります。

・総量規制の導入
・上限金利の引き下げ
・自殺による保険金での返済の禁止

総量規制については、以前、詳しく説明したんでしたね。

総量規制とは

上限金利が安くなった

上限金利の引き下げについては、話は単純ですね。以前は上限が29.2%だったのを、20%まで引き下げました、ということですね。

いや以前も「利息制限法」では上限は20%だったんですよ? でも、それを超える利息も、借りた側が「任意に」払うのならOKというよくわからない仕組みだったんです。

「借りた側が自分から払うのなら20%超えていてもいいですよ」というわけですが、これを「みなし弁済」と呼んでいました。

この「みなし弁済」が廃止されたというわけです。だからもうわかりやすく、「上限金利は20%」で決まりなんです。

自殺によって返済する人もいた

あと3つ目の改正点ですが・・・これはちょっと、怖い話ですね。

以前はね、消費者金融でお金を借りようと思ったら「生命保険に入ってください」ということになっていました。

これ、今でもあるんですけど、今と違うのは、以前の方は「自殺」でも保険金が下りるような生命保険だったんです

これではね、危険ですよね。

「お金が返せないから自殺して保険金で払います」

という人もいたわけです。

そういうことはなくさないといけないということで、お金を貸すときに、「自殺」で保険金が下りるような生命保険に加入させてはいけませんよ、ということになったんですね。

安心感は増しました

以上の3つが、私たち借りる側にとっての大きな改正点です。

その他、いろいろ細かい改正点がありますけど、それらはほとんど、消費者金融、つまり「貸す側」をしばるものです。

ですので、借りる側としては、以前より安心感はましたのですが、貸す側としてはいろいろと守るべき決まりが増えて大変になった、ということになりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする