家庭用レーザー脱毛器の比較~トリアとケノン、どっちがいい?

家庭用レーザー脱毛器の比較といいながら
トリアとケノンしか取り上げていないわけですが、
これはもう、家庭用レーザー脱毛器の中では
この2つの評価が飛びぬけて高いからです。

効果があるのはトリアだけ?

昔は、家庭用脱毛器の中では、
効果があるのはトリアだけ、という評判がありました。

そんな中、トリア以外にも効果があるものとして、
イーモとかイーモリジュなどが出てきたのですが、
脱毛効果ではまだまだトリアにはかないませんでした。

イーモリジュが改良されてケノンとなって、
やっとトリアのライバルとなれたわけです。

ということで家庭用レーザー脱毛器の比較は
トリアとケノンだけになるわけです。

まあ厳密には、ケノンは「フラッシュ脱毛器」なのですけど、
光によって熱を発生させてムダ毛を処理するというのは同じですので
同じ原理を用いた家庭用脱毛機といっていいでしょう。

さて。

トリアとケノン、どこが違うのか

脱毛効果

まず脱毛効果のほうですが、
これはわずかにトリアのほうが高いと考えられます。

前回、家庭用脱毛機によるヒゲ脱毛について書きましたが、
トリアでは効果が見られたけどケノンでは微妙だった、
という話でしたね。

照射時の痛み

じゃあケノンがトリアに勝っている点はどこかというと、
まず、ケノンのほうが痛くないです。

まあぜんぜん痛くないわけじゃなく、
トリアと比較して痛くないということですが、
痛みに敏感な人にとっては十分にケノンを選ぶ理由となります。

ムダ毛の処理効率

また、光の照射面積はケノンのほうがはるかに広いです。

だからケノンのほうがトリアより素早くムダ毛を処理できるかというと・・・
実はこれ、そうでもないんです

なぜなら、ケノンのほうがチャージに時間がかかるから。

最大出力で照射する場合、トリアのチャージ時間は1.5秒くらいですけど
ケノンのチャージ時間は実に5秒もかかってしまいます。

だからテンポよくポンポンポンと進めることができません。

どちらも、スライド照射機能はついてるんです。
肌の上を滑らせるだけで光を照射してくれる機能ですね。

それで、上記のようなチャージ時間がかかるので、
スライド照射機能つきといっても、ケノンのほうはテンポよく
進められないことになります。

金銭的な負担

次に値段ですけど、ケノンのほうは73800円なのに対して
トリアは54800円ですね。で、トリアには返金保証がついています。

ですので、金銭的にもトリアのほうがちょっと優位、
ということになりますね。

あと、細かい違いですけど、
ケノンはカートリッジの交換が必要ですが、
トリアはカートリッジが必要ありません。

ただそのかわり、トリアは充電式なので、
バッテリーが古くなったら交換しないといけません。

ということでこの点に関しては
どちらが優位ということもなさそうですね。

どこで製造?

あと、ケノンは日本製なのですけど、
トリアはアメリカの会社が中国の工場で作っています

アメリカの会社の製品ということで
トリアはFDA(アメリカ食品医薬局)の認可を得ています

結局、どちらを選べばいいの?

以上のような違いからどちらを選べばいいかということですが、
効果を重視するならやはりトリアということになりそうです。

ただ、「痛いのはイヤ」「日本製のほうが安心できる」
という人はケノンを選ぶとよさそうですね。

幸い、トリアには返金保障があるので、
使ってみて「この痛みは耐えられないな」という場合は
返品すればよさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする