医療レーザーでヒゲ脱毛する時の痛みは…~痛いほど効果あるのか

女性の顔脱毛は痛くない。でも男性のヒゲ脱毛は…

脱毛部位の中でも男性のヒゲというのは特に痛いといわれています。

女性の場合、顔脱毛は「痛くない」部分の代表なんですけど
男性の場合は違いますね。

だって、毛が「濃い」ですから。
それに脳に近いぶんより痛みには敏感なんていわれますね。

しかも、男性のヒゲって、しぶといです。^^;
強力な医療レーザーをもってしても、なかなかツルツルにはなってくれません。
完全にヒゲを脱毛してしまうためには、何度もレーザーを当てなければなりません。

そのたびに痛い思いをするというわけですけど・・・

どれくらい痛い?

どれくらいの痛みかといいますと、
まあ個人差もありますけど、涙がにじんでしまうくらいですね。
剣山を肌に押し当てるのを想像するといいかもしれません。

医療レーザーを最大出力で使うと、
麻酔なしで何度でも大丈夫、なんて人はいないのではないでしょうか。
それは、よほど痛みに鈍感な人で泣ければ無理でしょう。

回数を追うごとに痛みは弱くなっていく

で、一番痛いのは初回です。
やっぱり、ヒゲが濃いほど痛いんですよね。
レーザーはひげの黒い色に反応して、熱を発生させますから。

ということは逆に、回数を重ねるほど痛みは弱くなっていくということです。

だから初回にあまりに痛いので、「こんなの続けられない」と思って
やめてしまうのはもったいないですよ。

脱毛機器の出力が大きい=痛みも大きい=効果も大きい

それにやっぱり、出力を上げると痛みが大きくなるということは
痛みが大きいほど脱毛効果も高いということですね。

しっかりと毛根にダメージを与えてくれます。

エステの光脱毛だと痛みがあんまりなかったりするのですが
これだとやっぱり、効果が出るまではるかに多くの
施術回数が必要になりますね。

病院なので麻酔も使える

それに、痛いといっても、
医療レーザーですから、病院でしか使えませんから、
病院ならではの痛み対策もあります。

上にも書きましたけど、麻酔ですね。

これは顔に麻酔注射をぶすっと・・・刺すのではありません。^^;

塗るタイプの麻酔と吸い込むタイプの麻酔があります。
麻酔クリームと笑気ガスですね。

片方だけですむことも多いですけど、
痛みに敏感だという人には両方使うこともあります。

まあそのぶん、料金はかさんでしまいますけど。^^;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする