総量規制を超えても大丈夫?~超えた場合にばれる理由

総量規制の対象になっている消費者金融から、総量規制を超える金額を借りようとした場合ですが・・・

「バレなきゃ大丈夫」

なんて、思っていませんか?

でもこれ、ばれるんです。なぜばれるのかということを、今回は説明していきましょう。

収入証明を見せてください

総量規制って、「年収の3分の1までしか借金できませんよ」というきまりでしたよね。

だから、年収300万円のAさんが、消費者金融から借金をしようとした場合、100万円が限度ということになります。

で、Aさんがたとえばプロミスに行って、

「200万円貸してください」
「年収は800万円ですから」

なんて言っても。

これ、すぐばれます。

なぜかというと、50万円を超える金額を借りようという場合は、収入証明書を提出しなければならないからなんです。

収入証明書というのは、源泉徴収表とか、数か月分の給料明細とか、確定申告の書類とか、そういうものですね。そういう収入証明書を見せないといけないので、すぐにわかってしまいます。

最悪、訴えられますよ

でも・・・これを聞いてこう思いませんでした?

「じゃあ50万円以下なら、総量規制を超えてもばれないんじゃない?」

たとえば、年収が120万円だった場合。これは借入れ限度額は40万円になりますよね。

ところが、

「50万円貸してください」
「年収は300万円あります」

なんて言っても、50万円なら収入証明書が要らないからばれないんじゃないかと。

これは確かに、ばれない可能性はあります

でもね、消費者金融の人は、もう数え切れないほどの人数を相手にしてるんですよ? ちょっとしたことで「怪しい」と思われます。

「怪しい」と思われたら、たとえ50万円以下でも、「収入証明書を持ってきてください」ということになって、結局ばれます。

で、嘘がばれたらもう、二度とお金は借りられないでしょうね。

その場でばれなくても、後でばれるかもしれません。後でばれた場合は・・・最悪、訴えられるかもしれません。だから、嘘はやめておくのが賢明です。

多くの消費者金融に分散すればなれない?

だったらということで、あなたはこんなことを考えませんでしたか?

多くの消費者金融で分散して借金すれば、総額が総量規制を超えてしまっても大丈夫なんじゃないかと。

これはですね、簡単にばれます。

なぜなら、消費者金融は、指定信用情報機関というのに、みんな加盟しているからなんです。

あなたがどこかの消費者金融で、お金を借りた場合、その情報は指定信用情報機関で記録されます。

消費者金融は、ここであなたが何件借金しているのか、いくら借金しているのか、知ることができるわけです。

だから、分散して総量規制をごまかそうとしても無駄に終わってしまう、ということなんですね。

結局のところ・・・嘘をつくと信用を失います。信用を失えば二度とお金を借りることができなくなってしまいます。だからお金を借りる場合は、「正直に」というのが大事なポイントです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする