ソプラノ脱毛と医療レーザー脱毛の効果~VIOや背中の産毛に最適?痛みはないの?

美容外科や皮膚科によっては「ソプラノ」と呼ばれる
脱毛マシンを売りにしているところもあります。

かつて湘南美容外科の品川院がそうでしたし、
いまはレヴィーガクリニックなどが有名ですね。

ソプラノ脱毛はメラニンをターゲットにしない!?

で、このソプラノとはなにものかというと、
以前紹介したダイオードレーザー脱毛機の一つで、
その中でも非常に新しい機種です。

ソプラノ脱毛の特徴としては、
ムダ毛の黒い色素=メラニンをターゲットにするのではなく、
ムダ毛の「毛包」をターゲットにするという点です。

しかも従来のレーザーのように瞬間的に熱を伝えるのではなく
じわじわと熱を与えていく「蓄熱式」という方式になっています。

ソプラノ脱毛は痛みが小さい!?

それで従来の医療レーザーに比べると
痛みは少ないという触れ込みになっています。

ただ痛みに関しては・・・じっさいソプラノ脱毛を体験した人の
話を聞いてみると「痛かった」という人がけっこういますね。

従来の医療レーザー脱毛と比べて大差なかったと。
まあこれ、VIO脱毛をした人に多いんですけど。
ほかの部分であれば、痛みが弱いことを実感できるのかもしれません。

VIOラインなどは痛みに敏感な部分ですので、
痛みの少ないソプラノ脱毛は最適などといわれることもありますけど、
そこに期待して施術を受けるとがっかりするかもしれません。

VIOライン脱毛で効果が上がりやすい理由

ただ、VIOラインに関しては、脱毛効果自体は
従来の医療レーザーよりソプラノ脱毛のほうが優れているという感想も多いです。

VIOラインの場合、色素沈着で肌の色が濃くなっている人が多いんですよね。

それで普通の医療レーザーだとメラニンに反応するわけですから、
肌の色が濃い場合はパワーを少し落とさなくてはなりません

ところがソプラノの場合は、メラニンをターゲットにするわけではないので
パワーを落とす必要がない=脱毛効果を得やすい、ということになります。

産毛や白髪の脱毛でも有利

このことは背中や顔の産毛の脱毛にも有利に働きますよね。
産毛はメラニンなんてないことが多いですから、
メラニンをターゲットにしたレーザーでは効きにくいんです。

白髪の脱毛だってそうですね。

ということで顔や背中の産毛とかその他白髪、
それからVIOラインの脱毛をしっかりしたいという人は
ソプラノ脱毛を考えてもよさそうです。

追記:消えてしまったソプラノ脱毛

湘南美容外科では上述のごとく、早々にソプラノ脱毛をやめてしまいましたし、レヴィーガクリニックも今は、ソプラノ脱毛はアピールしていません。

これはなぜなのか?

これは単純に、ソプラノ脱毛が「時代遅れ」になってしまったからだと考えられます。

ソプラノ脱毛にかわって出てきた脱毛マシンは

「メディオスターNeXT PRO」

というものです。

こちらも、「従来のマシンに比べて、少ない痛みで脱毛施術ができる」と説明されています。

ただ、湘南美容外科では、「メディオスターNeXT PRO」は「男性限定」となっています。

女性は通常の「アレキサンドライトレーザー」を使います。

「男性限定ってどういうこと?」

と、思いますよね。

で、湘南美容外科の説明をよくよく呼んでみると、メディオスターの効果は

「長期的な減毛効果」

と書いてありました。

つまり「脱毛」とは言っていないんですね。

男性の場合、「ひげ脱毛」が強烈に痛いんです。なので痛みの少ないメディオスターが選択肢として入ってくるということ。

痛みが少ない代わりに、「脱毛」ではなく「減毛」ということになるのでしょう。

女性の場合は、男性の髭のようにムダ毛が濃く密集している部分がないので、男性の髭のような「強烈な痛み」を味わう必要はありません

なので、脱毛効果が大きいアレキサンドライトレーザーの方を使う、と考えられます。

湘南美容外科クリニック

いやほんとにねぇ。

ひげ脱毛ってい痛いんですよ。

トリアのレベル4でさえ痛くて連続では当てられないので、それより強力な医療レーザーだとねぇ・・・

「泣きながら脱毛」

というのも、誇張ではないんですよね。

VIOラインとは~ビキニライン脱毛と違うの?

VIOラインというのは、
主に脱毛で使われる言葉なんですけど、
特定の部位を指す言葉ですね。

Vライン、Iライン、Oラインをまとめた呼び方です。
で、それぞれどこかということになりますが・・・

Vラインとは

Vラインというのはビキニラインとも言います。
まあだいたい、水着とか下着をはいた時に、
「V」の形になっている部分ですね。

普通、Vラインというと、「V」の内側も含めた
三角形のエリアすべてを指すのですけど、

エステによっては、水着と肌の境目の部分だけ、
文字通り「ライン」だけというところもあります

「V」の内側は「トライアングル」とか別の呼び名になっていて
別料金ということもあります。

だからエステにしても美容クリニックにしても、
Vラインがどの範囲を指すのかは事前に確認した方がいいです。

Iラインとは

次にIラインですね。
これは両方の太ももの内側の部分です。

蒸れやすいところでもあり、デリケートなところでもあり、
毛深いと不潔になりやすいところです。

自己処理するにしても、その刺激で黒ずんだりしやすいところ

なので医療レーザー脱毛がいいのですけど、
でも施術時の痛みも強いところですね。

麻酔に頼ったほうがいい部分です。

Oラインとは

最後にOラインですけど、これはお尻の奥ということになります。
まあ、自分で処理するのは極めて困難な部分ですね。
ただこの部分にムダ毛が多いと非常にかっこ悪いですね。^^;

VIOラインを脱毛する人は増えている

VIOラインは以上の部位を指す言葉です。
最近はこの部分を脱毛する人が増えています。

VIOライン脱毛のことをハイジニーナ脱毛なんて呼んだりして。

露出する部分ではありませんけど、
他の部分はツルツルにしているのに
この部分だけ毛深い、もじゃもじゃ、ということになると・・・

すごくかっこ悪いですよね。^^;
肝心なときに、肝心な相手にショックを与えてしまうかもしれません。

それに衛生上もよろしくないということで、
VIOラインを脱毛する人はどんどん増えています。

医療レーザー脱毛とVIOラインの痛み~Iラインが特に痛い?

医療レーザー脱毛は効果が高いのですけど、
それは高出力のレーザーを使えるからなんですね。

で、高出力だと当然痛みも大きいです。

VIOラインは痛みの条件がそろっている

そして脱毛部位の中でもVIOラインは
特に痛みが大きい部分だといわれています。

だいたい、毛が濃いと熱が発生しやすいので
そのぶん痛みも大きくなるわけですけど、

VIOラインの場合、毛が濃いだけではなくて、
もともと肌がデリケートだったり、あとは色素沈着していたりで、
痛みを大きくする条件が複数そろっているんですね。

だからVIOラインの医療レーザー脱毛は痛い。

痛いのがイヤならハイパースキン脱毛という手もありますが・・・

なるべく早く脱毛効果を感じたいならやはり医療レーザー脱毛が一番です。

痛い痛いって、どれくらい痛いの?

じゃあどれくらい痛いのかと。

VIOの中でも一番痛いのはIラインだといわれています。
まあ個人差はあるでしょうけど、多くの人にとって
Iライン脱毛がやっぱり一番痛いです。

どれくらい痛いのかというと、
痛みに耐える心の準備をしていないと、思わず悲鳴を上げてしまうくらい。

人によってはVラインOラインはなんとか我慢できるけど
Iラインだけは麻酔なしでは無理、ということもあります。

まあ病院ですので、麻酔が使えるのはいいですね。

以前も紹介しましたが麻酔といってもIラインに注射針を
突き立てるわけではありません。

笑気ガスとか、あとは麻酔クリームですね。
そういうものを使いますので、麻酔注射が痛いんじゃないか
なんて心配はいりません。

それに、施術回数を重ねるほど、ムダ毛が減っていきますので
痛みも減っていきます

ですので、我慢が最も必要なのが最初の回、ということになりますね。
あとはだんだん楽になっていくと信じて耐えることになります。^^;

医療レーザー脱毛はもちろん、エステの光脱毛より
高出力の機械を使いますので痛いです。^^;

どれくらい痛いのかというと、
痛みに敏感な人なら涙が出てしまうくらいですね。(´□`。)

病院ならではの痛み対策

まあでも、個人差がありますので、痛みを感じにくい人もいますし、
美容皮膚科や外科だからこそ使えるものもあります。

麻酔ですね。肌に塗るだけで痛みが激減するというもの。
麻酔はさすがにエステでは使えませんよね。

痛みには個人差もあるわけですが、
同じ人でも部位とか施術回数とか肌の状態によって
痛みの大きさはぜんぜん違ってきます。

痛い部位はどこ?

まず痛い部位ですけど、レーザーって黒い色に反応するんでしたよね、
だから毛が濃い部分が痛みが大きいです。

VIOラインが痛いといわれるのは毛が太いからで^^;
その上、IラインやOラインは元々肌がデリケートですので
痛みが大きくなりやすいです。

あと、肌が黒くなっている人もいますから、
その場合は特に痛みが大きくなります。

だって、黒い色に反応するわけですからね。
場合によってはレーザーを当てられないこともあります。

あと痛いといわれる部位はワキとひざ下(スネ)ですね。

ワキはまあ、やっぱり毛が濃いですからね。そのぶん痛いです。

ひざ下は人によっては濃いこともありますし、
あと骨に近いですよね、スネって。それで痛みが大きくなるようですね。

顔なんかは、肌が敏感なんですけど、
ムダ毛が濃くないのでそんなに痛くない部位です。
男性のヒゲは別ですけど。

施術回数によって痛みが変わる

次、施術回数による痛みの変化ですが、
これも「毛が濃いほど痛い」ということからわかると思います。

医療レーザー脱毛の回数が進むほど、毛は薄くなっていきますので、
痛みも弱くなっていくというわけです。つまり初回が一番痛い

肌の状態によって痛みが変わる

あと、肌の状態によって痛みが変わるということですが、
日焼けして肌が黒くなっていると、やっぱり痛みを感じやすいです。

それから肌が乾燥していると痛みが大きくなります
水分が多いと、水分が気化して熱を奪ってくれますからね。

なので、医療レーザー脱毛の施術を受ける部位は
念入りに保湿をしておく必要があります。

それ以外では、生理前なんかも肌が敏感になっていて
人によっては痛みが大きくなることもあります。
この時期は、病院に行くのは避けたほうがよさそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする