アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーの違い

日本の医療レーザー脱毛で用いられているレーザーの種類といえば
アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーです。

そこでこの2つのレーザーの違いが気になることと思います。

効果に実質的な差はなし

ただ、脱毛効果に関しては、ほとんど違いは感じられません。
なのでアレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーかで
悩む必要ななさそうです。

それよりもその病院が信頼できるかどうかで選ぶべきですね。

という前提で・・・

アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーの
違いを説明していきましょう。

産毛脱毛、ひげ脱毛が得意なのは・・・

まず、アレキサンドライトレーザーですが、
これはアレキサンドライトという石を利用して
レーザーを作り出します。

それに対してダイオードレーザーというのは
機械的な仕組みによってレーザーを作り出します。

レーザーの波長はアレキサンドライトレーザーのほうが短く、
こちらのほうが黒い色により反応しやすいです。

ダイオードレーザーはそのかわり、
波長が長いということで肌のより深くまで届きやすいです。

なので、色がほとんどないような産毛とか、
根深い男性のひげなどは、ダイオードレーザーのほうが
やや」得意だといわれています。

また、肌が黒くなっている部分の場合は
ダイオードレーザーのほうが肌への負担は少なくなりますね。

施術が楽なのは・・・

照射範囲はアレキサンドライトレーザーのほうが
少し広くなっています。

その上、アレキサンドライトレーザーは
冷却ジェルを使用しません。

照射範囲が広く、ジェルを塗る必要もないということで
当然ながら、ダイオードレーザーよりも施術が早く済みます。

また、ジェルを塗られるのはイヤ、という人の場合は、
ダイオードレーザーよりも、アレキサンドライトレーザーのほうが
いいということになります。

施術時の痛みに関してはどちらも同じようなものです。
ただ、アレキサンドライトレーザーのほうが少し痛いかな
という感想を持つ人もいます。

以上のような違いがありますが、
それでも特にレーザーの種類にこだわる必要はないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする