ムダ毛の自己処理による肌トラブル~深刻なものも

ムダ毛は自己処理するのが普通、と考えている人も多いはず。
もちろん多くの人がムダ毛を自己処理しているのですが
これには肌トラブルがつき物なんです。

ムダ毛の自己処理によって、
肌老化を進めてしまうこともあるんですね。

ということで今回は、ムダ毛の自己処理によって起こる
肌トラブルについて見ていきたいと思います。

ムダ毛の自己処理の方法としては、
剃る、抜くという方法が多く、あとは除毛剤などで溶かす
という人もいることでしょう。

肌のバリア機能まで削ぎ落とす

まず「剃る」という方法ですが、
これはカミソリでムダ毛を剃るたびに、
肌の表面も薄く削ぎ落としていることになります。

ですので、頻繁にムダ毛を剃っていると、
角質層が薄くなる=バリア機能が衰えるという危険もあります。

そうなると肌は乾燥しやすくなりますし、
外部からの刺激にも敏感になり、肌荒れなども増えてしまいます。

細かい傷が生み出すもの

また、カミソリを肌に当てるたびに、
目に見えない細かい傷をつけてしまうことになります。

肌が刺激を受けますと、表皮基底層にあるメラノサイトが活性化して、
メラニンを活発に作るようになります。

ですのでカミソリで頻繁にムダ毛を剃っていると、
肌が黒ずんでくるということが起こるわけです。

毛穴が黒ずんでくる

次に「抜く」という方法ですが、
これは毛穴を激しく傷つけてしまうことが多いですね。
時には出血するくらいですので。

となると、今度は毛穴に頻繁に強い刺激が加わるということですので
毛穴とその周辺でメラニンができやすくなる、ということですね。

その結果、毛穴が黒ずんで目立つようになる危険もあるわけです。

肌の表面も溶ける

最後に、除毛剤によって溶かす方法ですが、
毛が溶けるということは、たんぱく質が溶けるということで
つまりは肌も溶けるということです。

ということは、これもカミソリで剃る場合と同じ危険が考えられます。
カミソリの場合は物理的に肌を傷つけているわけですが、
除毛剤の場合は化学的に傷つけているというわけです。

ということでこれも頻繁に使っていると
肌のバリア機能が衰えたり、肌が黒ずんできたりするわけです。

さらに除毛剤は肌に合わなかった場合に、
肌をボロボロにしてしまう危険もありますね。

ということで、ムダ毛の自己処理には危険が多いんですね。

ですので、ムダ毛は医療レーザー脱毛などで
処理してしまったほうが、肌にはいいということになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする