医療レーザー脱毛は体のにおい対策にもなる?

医療レーザー脱毛は現在のところ、
効果の早さとか確実性とかを考えると
もっともメリットが大きい脱毛方法といえます。

さらに、脱毛以外のメリットとして、
「体のにおいが消える、減る」という感想を持つ人もいます。

なぜそんなことが起こるのかというのが今回の話題です。

レーザーで雑菌が死ぬから・・・ではない

レーザーを当てるわけですから、
ムダ毛周辺は高熱になり、雑菌が死んでしまうということは想像できます。

でもそれだと効果は一時的ですよね。

もっと、恒久的な効果としては、
ムダ毛がなくなることで毛穴が引き締まることが考えられます。

毛穴がムダ毛で広がっていますと、
そこに皮脂や汚れもたまりやすくなりますので
雑菌の温床となってしまいがちです。

雑菌が増えれば、それは体臭の原因となってしまいますね。

ところが医療レーザー脱毛によってムダ毛がなくなって
毛穴が引き締まると、雑菌が繁殖するスペースが
減少することになります。

これによって、体のにおいも減ることがあるというわけですね。

あとは、ムダ毛があれば、その表面で繁殖する雑菌もいるわけで、
これを完全に脱毛してしまえば、ここでも雑菌の住処を奪うことができます。

まあこの場合は、剃るだけでもいいのですけどね。

脱毛したらワキのにおいが強くなった?

ただ、ワキの脱毛の場合、
脱毛後にワキのにおいが強くなったんじゃないか
なんて心配になってしまう人がいるようです。

これは、ワキを脱毛すると汗を感じやすくなってしまうからなのですが、
実際にそれでにおいがきつくなるということはありません。

むしろ、ムダ毛が残っているほうが、
雑菌が繁殖できる面積が広いわけですので、
脱毛が原因でにおいがきつくなるということは考えにくいです。

ただ、ワキがつるつるになるとワキの肌が密着しやすくなるため、
汗を感じやすくなります

それでさらに気になって、気にしすぎてまたワキに汗をかいてしまう、
という悪循環に陥ってしまう人もいます。

それで以前より汗が増えてしまったら、
これはにおいの原因になってしまってもおかしくありません。

ですので気にしすぎるのはよくないんですね。
汗って、精神的なものが原因でかいてしまうことも多いですから。

気にしないのが一番、ということです。^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする