デモトレードだと勝てたのに…本番との違い

「デモトレードで練習しても役に立たない」なんてよく言われます。

実際、

「デモトレードで勝てたから本番に挑んでみたけど、大損してしまった」

という人も珍しくありません。

それはなぜなのか?という話。

最も大きな理由

最も大きな理由は、

「トレードの勝敗に影響するのは手法よりも心理」

だということ。

つまり、どんな手法をとっているかより、精神的なコントロールのほうがはるかに重要だということです。

精神的なコントロールができている人は、単純な手法であっても地道に勝ちを積み上げていくことができます。

そうでない人は、怖くて利益確定が早すぎたり、あるいは欲張って遅すぎたり、損切りがなかなかできなかったり、逆に狼狽して底値で売ってしまったり・・・という事態に、頻繁に出くわすことになります。

トレードを始めたばかりの人は、

「買ったと思ったら下がり始めた」
「売った途端に上がり始めた」
「自分の行動は全部監視されてるんじゃないか…」

なんて思うことが多いですが、これは、大きな資金を持っている人は、素人の心理的反応なんかお見通しだということなんですね。

だから、精神的なコントロールはすごく大事。

であるにもかかわらず、デモトレードでは精神的な訓練はまったくできません

勝ったとしてもお金が手に入るわけではないので「強欲」に負けることもありませんし、負けたとしても失うものはないから「恐怖」にしてやられることもない。

だからデモトレードをやっても、大した練習にはならないんです。

「注文の出し方」など、証券口座のシステムの操作に慣れる、くらいですね、メリットは。

本番ではまずやらないこともできてしまう

それからデモトレードでは、上記のような「恐怖」がないので勢いギャンブル的なポジションを取ってしまうことも多いです。

本番ではまずやらないようなことですね。

それでたまたま大勝してしまって、

「自分は才能がある」

と勘違いしてしまう

またはでもだからそこで負けたとしても、また最初からやり直して・・・なんてやっていればいつかは運良く勝てるときがある。

それで、

「実力がついた」

なんて勘違いしてしまう

で、そのまま本番に突撃すると・・・結果は推して知るべし、ということになります。

練習はお金を使ってやる

ですので、練習はなるべく、実際にお金を使ってやったほうがいいんです。まあ練習なので、大金を使うわけには行きませんが、少額であっても自分のお金を使います。

そうすることで精神的な訓練にもなります。強欲や恐怖や悔しさなど・・・いろいろ体験することができます。

また、本番に即したポジションのとり方の練習にもなります。ギャンブル的なことをしていては、あっという間に資金を失ってしまうこともわかります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする