姿勢でストレス耐性を高める?

視線を上げるとストレスがたまりにくくなるという内容を
前回お話ししたわけですが・・・

ストレスをためない超簡単な方法~視線を上げる

視線を上げると姿勢が良くなるということも
その理由として大きいんです。

つまり、姿勢によってストレス耐性が変わるというわけ。

「開く」「伸ばす」→ストレス耐性アップ

これは実験によって確かめられていることですが、
体を「開く」「伸ばす」状態のほうが
より心はポジティブに、前向きになれます。

そういう体勢になることで、ホルモン分泌が変わるんですね。
それが精神にも影響するというわけです。

たとえば背中を丸めているよりも、真っ直ぐにしている方が
心もより前向きになれます。

腕組みをするよりも腕を左右に開いた方がいいし、
脚を組んでいるよりも開いた方がいいわけです。

男性的な姿勢!?

・・・となるとこれ、
「男性的」な格好が多いということになりますね。^^;

実際、そういう格好をすると男性ホルモンの分泌も少し増えます。
それも心の状態に影響するというわけですね。

女性の場合、「それは困る」と思うかもしれませんが
男性化するほど分泌はされませんので心配はいりません

ただ女性が人前で脚を広げて座っているなんてみっともないですので、
それはやめておいたほうがいいとは思いますが。^^;

それ以外のものは積極的に取り入れるとよさそうです。

また、家にいるときは全身を広げるようなストレッチなどすると
美容にも役立ちますし、ストレス解消にもなりますので
おすすめですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする