老けて見える原因・理由のまとめ

まずはなんといっても肌ですね。

シミ・シワ・たるみ・くすみ・黄ぐすみ、すべて老けて見える原因となります。

肌が乾燥してうるおいを感じられないのもまずいですね。
乾燥がひどくなって肌がつっぱっているように見えるのも
老け顔の一要素といえます。

毛穴も気になるところですが、
毛穴の場合、若い人でも目立つ人が多いですので
それほど「老け顔」に寄与しません。

ただ、毛穴の汚れがひどくなると
肌が全体として暗くなりますので、これは老けて見える原因となります。

肌が衰えてくるとメイクで隠そうとしてしまいがちですが
「厚化粧」も「老け顔効果」満点です。

また、肌というと顔を思い浮かべがちですが
首だとか手のシワも老けた印象を大きくしてしまいます。

男性の場合は薄毛の心配がありますが、
髪の量が十分であっても、艶がなくなっていると老けて見えます

キューティクルが傷ついて光を反射しない髪ですね。

絡んだり縮れていたりしても、それほど老けた印象にはなりませんが
艶を失うと「老化してるな」という印象を与えます。

顔・表情

これはたるみとも関係ありますけど、
口をへの字にしてぶすっとしていると老けた印象になります

口の周りがたるんだ感じに見えますからね。
口角はいつも上げておくよう注意しましょう。

つまり、微笑んでいるような表情がいいということです。
そのほうが人間関係にも好影響を与えるに違いありません。

それから、いつも口をモゴモゴ動かしているのはよくありません。
これって、お年寄りの特徴ですからね。

また、健康が失われると頬がこけたり目が落ち窪んだりしますが
これも老けた印象を与えます。

表情に気をつけずに表情筋が弱ってしまっても
そういうことはおこいてしまいます。

目が疲れてはれぼったくなり、充血して白目の部分が汚れてしまうと
「目がにごっている」印象を与えます。

これも老けて見える要因となります。

疲れ目に注意。

全身

これは健康なイメージが何より大事です。
太っているのもダメですけど痩せすぎもダメです。

バランスよく栄養を取り、かつ適度な運動をすることで
健康的な体を作りましょう。

姿勢も大事ですね。

姿勢が悪いだけで老けた印象が強くなりますが、
姿勢が悪いと腹筋が弱くなって「ポッコリおなか」に
なりやすくなってしまいます。

これまた老けた印象を作ってしまいますね。
姿勢はいつもまっすぐにしておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする