紫外線の波長と肌への影響~UVAとUVB

波長が長い?短い?

UVA、UVBというのは耳にしたことがあると思いますけど、
これは紫外線の波長によって分類されています。

簡単に言いますと紫外線の中でも
波長が長いものがUVA、短いものがUVBと呼ばれています。

ちなみにもっと波長が短いUVCというのもあるのですが
これは大気に阻まれて地上には降ってきません。

それで美白を考える場合、UVAとUVB、
どちらを防げばいいのでしょうか?

これはもちろん、「両方」ということになりますよね。

UVAは真皮まで傷つける

UVAは地表に届く紫外線のうちの95%を占めると
言われています。波長が長いので、大気をすり抜けやすい
ということなんですね。

ということはつまり、
物をすり抜けやすいということで、
肌表面をすり抜けて、肌の深い部分に届く
ということになります。

ですので真皮の細胞やコラーゲン、エラスチンも
傷つけてしまうのがUVAなんです。
もちろんメラノサイトも刺激してしまいます。

ですのでUVAはしわやたるみ、シミやくすみなど、
肌のあらゆる老化現象を引き起こすと言ってもいいでしょう。

UVBは表皮を激しく傷つける

UVBのほうは波長が短く、すり抜ける力は弱いのですが、
すり抜ける代わりに肌にぶつかって傷つけます。

日焼けで痛みが酷い、水ぶくれまでできた、
というのはこのUVBが肌を破壊しているからです。

真皮に届くことはありませんが、
表皮を大きく傷つけるということですね。

こちらは炎症をおこすことでメラノサイトを刺激し、
これまたシミなどの原因にもなってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする