透明感のある女性になりたい~でも透明感って何?

透明感のある女性って男性にいちばんモテるタイプなんですが、
でも透明感って何?って言われても言葉に窮してしまいそうです。

ということで「透明感」を感じさせるには何が必要か、
ここでは分解してみていこうと思います。

もちろん内面からくる透明感は大事なのですが
「心の透明感」となるとちょっと難しいですので^^;

外見的なことに絞って見ていこうと思います。

透明感のある肌って?

透明感というとまずは肌なのですが、
透明感のある肌ってどういうものかというと・・・

明るくてキメが整っていて潤っている肌です。

ただ、潤いというのは別に、
肌が濡れているというわけじゃありませんよね。
まあ、乾燥していないという意味です。

肌は乾燥するとターンオーバーが乱れて、
キメも乱れてしまいます。

そうすると所々、古い角質が残ってしまうところが出てきます。
また表面的にも細かいひび割れや逆剥けができて
かさかさした感じになります。

こういうものが肌を「乾燥した感じ」に見せます。
もう、カサカサゴワゴワした感じですね。

さらにこういう肌は光を均等に反射できないので、
暗く汚く見えてしまいます。

まあ、くすみというやつですね。^^;

肌を暗く見せるものは古い角質だけでなく、
メラニンもあれば、毛穴やムダ毛もあります

こういうもの、全てケアする必要があります。

ということで透明感のある女性になるための第一は、
肌の明るさとキメと潤いを意識するこ、ですね。

ツヤのない髪は老けた印象を醸し出す

次に髪。

これはヘアスタイルの問題ではなく髪のツヤの問題です。
髪がツヤを失うほど、その人は透明感から遠ざかります。
簡単に言うと、老けて見えます。

だから下手に髪を染めたりしないほうがいいんです。
あれ、髪がすごく傷みます。ツヤがなくなります。

なので透明感のある女性になるための第二は
髪のツヤを何より大事にするヘアケアを心がけること、
ですね。

濁りなき瞳?

あと忘れがちなのが「目」です。
目の印象はその人の透明感を大きく左右します。

よく「濁った目」なんていいますが、
濁った目と言われても、ねえ・・・

要するにこれ、白目の部分が白くないということですね。
充血していたりして。

だから、透明感のある女性になるには、
目を疲れさせないように注意する必要もあります。

パソコンモニタをずっとにらんでいたり、
睡眠不足が続いたりしていると、
目の透明感は失われていきます。

あと、表情に気をつけるだけでも目の印象は変わります

こっちは心理的な効果ですけど、
やっぱり、眉間にしわが寄るような険しい表情をしていたら
透明感なんて感じられるはずがありません。

ということで透明感のある女性になるための第三は、
目の透明感を失わないこと、白目の部分と表情に注意、
ですね。

塗りたくっていい…はずはない^^;

最後にメイクですが。

もちろんこれ、ナチュラルメイクの方がいいに決まっています。
ごてごて塗りたくってたら「透明感」なんて感じられません。

ただ、ここでも髪と同じようにツヤは意識するべきでしょう。
特に唇のツヤですね。リップグロスをうまく使いましょう。

唇が乾いてかさかさしてると、
やっぱりこれ、透明感から遠ざかってしまいます。

ということで透明感のある女性になるための第四は、
ツヤを意識したナチュラルメイク、ということになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする