血液検査で肝臓の数値が高いor低いとどうなる?

総ビリルビン(T-Bil)が高い!

高すぎると黄疸が出る

血液検査で出てくる数値で、肝臓に関係あるものとしてT-Bilというものもあります。総ビリルビンというものです。

ビリルビンというのは黄色い色素のことで、これが増えると肌が黄色くなる「黄疸」という症状が出てきます。

ビリルビン、元はヘモグロビン

ビリルビンには2種類あって、まず間接ビリルビンというのがあります。

赤血球には、酸素を運ぶヘモグロビンという色素が存在していますが、赤血球が寿命を終えると、中にあったヘモグロビンは血液中に出てきてビリルビンに変化します。これを間接ビリルビンといいます。

肝臓で処理されて直接ビリルビンになる

間接があるなら直接もあるはずですね。間接ビリルビンが肝臓に運ばれて、少し変化させられたものが直接ビリルビンです。

これは胆汁になって体外へ排出されます。これまた黄色い液体ですね。

ということで、ビリルビンの量を見れば、血管や血液、または肝臓に異常があることが推測できるわけです。

総ビリルビンの数値、危険なのは?

この総ビリルビンの正常値は0.2~1.0と言われていますが、低い方は心配する必要はありません。

問題は高い方です。これが2を超えますともう血液検査をしなくてもわかるようになります。つまり黄疸が出てきます。

黄疸が出ると、肝臓が悪いと思ってしまいますがそれだけとは限りません。

間接ビリルビンの数値

まず、間接ビリルビンの正常値は0.1~0.8と言われていますが、これを超えるようですと、溶血性貧血や敗血症、または甲状腺機能の低下が疑われます。

直接ビリルビンの数値

直接ビリルビンの正常値は0~0.3なのですが、これが高すぎると、肝炎や肝硬変、胆嚢炎や胆石、胆嚢癌などが疑われます。

間接も直接も、「重症」とされる数値は20以上です。血液検査でこんな数値が出たら即、精密検査を受けるべきですね。

直接ビリルビン(DB)と黄疸

肝臓で処理されたあとのビリルビン

ビリルビンというのは、赤血球が壊れて、その成分が分解されてできたもので黄色い色素ですね。これが肝臓で処理されて、胆汁に溶け込み、胆道から十二指腸へ流れて排泄されます。

直接ビリルビンというのは肝臓で処理されたあとのビリルビンを指します。

肝臓が悪いと…

血液検査の場合は、まず総ビリルビン(TB)を調べて、総ビリルビンが高いとなったら、今度は直接ビリルビンの数値を調べます。間接ビリルビンの方は「TB-DB」ということになります。

それで、直接の方は肝臓で処理されたものですので、この数値が高いということは肝臓に何らかの異常があるということを示しています。

胆汁がうまく流れていない

肝臓または胆道に障害がある場合、胆汁がうまく流れずに、その成分であるビリルビンが血液に戻ってしまいます。それで、血液検査の数値が高くなるわけです。

正常値と異常値

直接ビリルビンの正常値は0.3mg/dlとなっています。

注意レベルは0.4~1.9、そして危険レベルは2以上となっています。

その場合考えられるのは、肝炎や肝硬変など様々な肝臓の病気や、胆道うっ滞、閉塞性黄疸などがあります。

数値が3を超えますと黄疸が見られるようになりますので血液検査をせずともわかるようになります。

間接ビリルビン(IB)が高値の場合

肝臓の異常が原因ではない

「間接」というのは肝臓で処理される前のビリルビンを指します。処理されたあとは直接ビリルビンという呼び名になります。

ですので、間接ビリルビンが高いという場合は、肝臓に異常があるということは少ないです。

むしろ、血液のほうが異常であるということですね。

正常値と異常値

数値の調べ方としては、総ビリルビン(TB)と直接ビリルビン(DB)を調べて、その差を計算するというだけのものです。

正常値は1mg/dl以下、ということになっています。ただ高くてもそれほど危険性はないと言われています。

溶血性貧血

考えられる病気としては溶血性貧血があります。

「溶血」というのは赤血球が壊れることですから、間接ビリルビンが増える原因になるわけです。

溶血性貧血は、細菌や毒などによって引き起こされることがあります。また、アレルギーによることもあります。

A/G比が低い!

アルブミンとグロブリンの比率

血液検査の数値でA/G比というのがありますけど、これはアルブミンとグロブリンのイニシャルなんですね。つまり2つの数値の比ということです。

アルブミン:グロブリン=2:1の場合、A/G比は2.0ということになります。

アルブミンが増えるほど、またはグロブリンが減るほどA/G比の数値は大きくなるということですね。

A/G比の数値、危険なのは?

そしてA/G比の正常値は1.2~2.0と言われています。そして2.0より高くなることはあまりなく、病気の場合は低い数字が出ます。

異常度としましては1.0~1.2が軽度、1.0未満だと危険域だとされています。

数値が高い場合

さて、高い場合はあまりないのですけど、A/G比が2.0より高い場合は、無γ‐グロブリン血症や低γ‐グロブリン血症と診断されます

これは免疫不全と考えられます。

数値が低い場合その1

A/G比が低い場合は2つのケースが考えられます。

一つはアルブミンが減ってしまった場合です。この場合、肝硬変や肝炎などの肝臓の病気、またはネフローゼ症候群などの腎臓の病気、甲状腺機能亢進症などが考えられます。

これはアルブミン自体の数値をみれば推測できますし、また尿検査も同時に行えば、腎臓かそれ以外かも判断できますね。

尿にたくさん蛋白が出ていたら腎臓が悪いのだろうということです。

数値が低い場合その2

もう一つのケースとしてはグロブリンが増えすぎてしまってA/G比の数値が低くなったというものですね。

この場合も肝臓の病気が考えられますし、自己免疫疾患、がん、多発性骨髄腫、感染症などが考えられます。

アルブミンの数値を見て、そちらが正常値なのにA/G比が低ければグロブリンが増えているんだなということがわかるわけです。

Alb(アルブミン)が低い!

血液中のタンパク質

血液検査の数値でAlbというのがありますが、これはアルブミンのことで、血液中に含まれているタンパク質です。

血液中のタンパク質にはアルブミンとグロブリンがあるのですけど、健康状態ではアルブミンが6割以上となります。

このアルブミンの量を調べることで、病気を推測することができます。

アルブミンの数値、危険なのは?

まずアルブミンの正常値は3.5~5.3といわれています。そしてアルブミンの場合数値が低いと危険なのです。

異常度で言いますと、3.0~3.5は軽度、2.5~3.0は中等度、2.5未満ですと重度ということになっています。

疑われる病気

このアルブミンはすべて肝臓で作られますので、数値が低すぎるときはまず肝臓の病気が疑われます。肝炎や肝硬変などですね。

また、尿として体外に出ていっていることも考えられます。この場合は腎臓の病気でネフローゼ症候群などがあります。

腎臓の病気の場合、同時に尿検査をすることではっきりと確かめることができます。

肝臓、腎臓以外にも、甲状腺機能亢進症や、また単なる栄養不足の場合もあります。

ですので、心配な数値が出たら、できるだけ早く精密検査を受けるべきですね。

アルブミンが低下すると浮腫(むくみ)が出ることも

それから、アルブミンの数値が低くなると、血液の濃度が下がるということになります。

その結果、浸透圧が異常になって血管から細胞へと水分がしみだしてしまいます。そうすると「むくみ」が出てくるわけです。

女性に多いむくみですが、上記のよな病気が原因となっている場合もありますので、むくみが心配な場合は病院で診てもらったほうがよいでしょう。

ALPが高い!

子どもは健康でも高いが…

血液検査でALPという数値がありますが、これも肝臓に関係の深い数値です。正式な名前は「アルカリホスファターゼ」といいます。

全身の細胞に存在しますが特に胆道や胆汁、また骨の細胞にもたくさん存在する酵素です。

骨にもたくさんあるということで、特に成長期の子どもは、ALPの数値が大人の倍くらいになることがありますが、これは異常ではありません。育っている証拠ですね。

ALPの数値、危険なのは?

では大人の場合はどうなのでしょうか?

正常値といわれるのは100~325 IU/lです。これを超えていると何らかの異常があるかもしれないということです。

疑われる病気

胆道に多いということですので、胆道の異常、たとえば胆管がんや胆管結石などが考えられます。

胆道に異常があって胆汁が流れなくなった場合、胆汁が血液の方にしみでてしまってALPの数値が高まるということです。もちろんこの場合、黄疸となってあらわれることが多いですね。

また、肝炎や肝硬変、肝臓がんも考えられます。骨の異常として骨軟化症や骨肉腫も考えられます。

これまた高い場合はすぐにでも精密検査を受けるべきですね。

ALPアイソザイムによる絞り込み

ALPアイソザイムという方法で更に細かく調べることができ、病気の絞り込みをすることができます。

ALPアイソザイムではALPを1~6に分類することができます。それぞれどれが多いかで病気が推測できるわけです。

1の場合は閉塞性黄疸、限局性肝障害
2の場合は肝疾患、胆道系疾患
3の場合は骨の異常、副甲状腺の異常
4の場合は悪性腫瘍、妊娠
5の場合は肝硬変、慢性肝炎、慢性腎不全
6の場合は潰瘍性大腸炎

が疑われます。

ガンマGTPが高い、下げるべし

γ-GTP

血液検査でよく目にする数値としてγ-GTPというのがありますね。「ガンマGTP」と読みます。正式名称は「ガンマ・グルタミル・トランス・ペプチダーゼ」となっています。とてもおぼえられませんね。

飲酒によって肝臓の細胞が壊れると…

これは肝臓の細胞に存在する酵素の一種で、解毒のために働いていると言われています。

解毒といえば・・・アルコールですね。アルコールの毒を消すために働いてくれています。ですのでお酒の量が多い人は注意してみるべき数値です。

お酒の量が多くて肝臓に負担がかかり過ぎますと、肝臓の細胞は死んでしまいます。そして細胞の中にあったガンマGTPが血液中に流れ出します。こうしてガンマGTPの数値が上がってしまうわけです。

ですので、他の数値が異常ではないのに特にガンマGTPだけが高いという場合は、お酒が原因である可能性が高いです。

ガンマGTPの数値が高い?

さて、ガンマGTPの正常値ですが、これは男女で違ってきます。男性であれば50以下なら正常、女性であれば32以下で正常と言われます。別の基準によりますと男性は70で女性は40です。

どちらにしても女性のほうが上限が低いのですけど、これは女性ホルモンにガンマGTPを抑制する働きがあるからです。

ちなみに危険度としては男女とも、正常値を超えますと軽度、100をこえると中等度、200をこえると重度です。500をこえると非常に危険だと言われます。少なくとも100を超えていたらすぐに精密検査を受けるべきですね。

疑われる病気

ガンマGTPが高い場合は肝臓の病気の場合が多いです。なかでもアルコール性の肝機能障害ですね。脂肪肝や肝硬変、それから肝臓がんなどもあります。胆道に何らかの異常があることもあります。

アルコールによって変わりやすい数値ですので、血液検査の前はアルコールは控えなければなりません。

ガンマGTPを下げる

禁酒によって下げることもできますが、飲めばまた元に戻ってしまいますので、お酒の量自体を減らす必要があります。

LDH(乳酸脱水素酵素)が高い!

LDHは酵素の一種

血液検査の項目でLDHというのがあります。LDL(悪玉コレステロール)と混同しそうですが別物です。

LDHのほうは日本語では乳酸脱水素酵素といいます。つまり、ASTやALTと同じく酵素の一種ということになります。

細胞が壊れるとLDHが漏れ出す

LDHは日本語では大層な名前になっていますのでわかりにくい感じがしますけど、糖からエネルギーを取り出すときに働く酵素です。

ですので、体じゅうすべての細胞にLDHが存在しているといっていいでしょう。

でも特に多いのは肝臓や腎臓、肺、心臓、赤血球それから筋肉です。こういう部分に病気や炎症があると、細胞が壊れて細胞の中からLDHが漏れ出すことになります。

その結果が、血液検査で数値となって表れます。

LDHの数値、危険なのは?

LDHの正常値は200~400といわれています。低すぎる方は問題ないでしょう。

異常度としては、400~600が軽度、600~1000が中等度、そして1000以上は重度と考えられています。血液検査でLDH1000以上の数値が出ていたら大急ぎで精密検査を受ける必要があります。

LDHが高いとどんな病気が疑われるか

LDHが高すぎる場合は、まず肝臓の病気が疑われます。たとえば肝炎や肝硬変などですね。それから心臓の病気も疑われます。心筋梗塞などです。

あとは肺や腎臓の病気、それからがんの疑いもあるようです。ですので高すぎる場合はすぐに病院に行って診てもらう必要があるんです。

運動でも上がってしまうので

LDHの数値だけではどこが悪いのかはわかりませんが、更に細かく「LDHアイソザイム分析検査」というのをすることで、どこが悪いのかを推測できます。

ただ、高いといっても、この数値は運動することで上がってしまうようです。ですので、血液検査の前に運動はひかえるべきですね。

TP(総蛋白)

肝臓と腎臓が主に関係

血液検査ではいろいろな数値がありますけど、肝臓に関連するものとしてはTPというものもあります。日本語では「総蛋白」です。血液中のタンパク質の量を表しているということになります。

それで、タンパク質は肝臓で作られていて、また腎臓で尿となって出て行かないようろ過されています

ですので、TPの数値が高いかまたは低いかによって、肝臓か腎臓が悪い、ということが推測できるわけです。

TPの数値、危険なのは?

ちなみにTPの正常値は6.5~8.3だと言われています。

これが6.0以下、または8.5以上ですと異常度が高いと考えられます。

正常と異常の間の数値は、「少し悪いかもしれない」というところですね。

異常な数値が出た場合は、原因を確かめるために精密検査を受けるべきです。

タンパク質の種類で病気を推測

総蛋白ですので、もっと細かく見ていくことができます。血液中のタンパク質にはアルブミンとグロブリンがあり、グロブリンはα(1と2)、β、γがあります。

どれが多いかまたは少ないかを見ていくことで、どんな病気かが推測できます。

TPが高い場合

TPが高すぎるのは肝臓が悪いことが多いのですけど、自己免疫疾患やがんなどでも数値は上がるようです。

また、特定のタンパク質だけが高いという場合は多発性骨髄腫だどが考えられるそうです。

TPが低い場合

TPが低すぎる場合は、腎臓が悪いことも考えられますが、こちらでもやはり肝臓が悪い場合があります。

腎臓の病気としてはネフローゼ症候群、肝臓の病気としては急性肝炎や肝硬変が考えられます。

また、単純に栄養が不足しているということもありえます。

早めの精密検査を

TPの数値が異常である場合は、上記の通り、場合によっては深刻なものもありますので、できるだけはやく精密検査を受けることをおすすめします。

LAPの数値が高いと危険?

ロイシンアミノペプチダーゼ

血液検査ではLAPという数値もありますが、これも肝臓関係の数値です。
正式名称はロイシンアミノペプチダーゼといいます。

つまりロイシンというアミノ酸を分解する酵素ですよ、ということです。

肝臓や胆道の異常

体のいろいろな部分、たとえば肝臓や胆道、膵臓、腎臓にあるのですが
肝臓や胆道に異常がある場合以外は上がることは少ないです。

胆汁に多く含まれていますので、胆道が詰まる病気、たとえば結石や胆道がん、すい臓がんなどでLAPは上昇します。また肝臓がんでもLAPは上昇しやすいです。

正常値

それで正常値はと言いますと、測定方法にもよりますが35~80IU/lとなっています。これを超えると注意レベルということになりますね。

危険な数値

危険レベルは120以上と言われています。そんな数値が出た場合は迷わず病院へ行きましょう。

また、診断のためにはAST・ALTやLDHなどをあわせて見て、どんな病気かを推測していきます。

コリンエステラーゼ(ChE)と肝臓病

肝臓で作られる酵素

コリンエステラーゼは略してChEと表示されていることが多いですが、これは肝臓で作られている酵素であり、タンパク質です。

アセチルコリンを分解するために働いているのですけど、血液検査ではそんなことはどうでもよく、このコリンエステラーゼが肝臓で作られているということに意味があります。

肝臓の状態に敏感に反応

肝臓はコリンエステラーゼを作って、これを血液中に放出しているわけですので、肝臓の調子が悪くなるとコリンエステラーゼの数値も変動するということです。

個人差が大きい

ただ、困ったことに、ChEの数値というのは個人差が大きいんです。しかも、測定法によって基準値というのはまちまちなんです。

たとえば東京慈恵医大健康医学センターでは、正常値を3200~6800IU/lとしています。

高いのも低いのも危険

そして、コリンエステラーゼの数値は、高すぎても低すぎても肝臓に異常があることを示しているんです。

たとえば高すぎる場合は、脂肪肝の可能性があります。低すぎる場合ですと、これは肝臓の細胞が壊れているということで、肝臓がんや肝硬変などの恐れがあります。

普通、血液検査の数値といえば、高いと怖いイメージがありますがコリンエステラーゼの場合、低いほうが怖い感じですね。

尿ウロビリノーゲン2陽性だと…

尿検査ですが

尿ウロビリノーゲンというのは名前からわかる通り血液検査ではなく尿検査でわかるものなのですが、総ビリルビンや直接ビリルビンの数値と関係が深いものです。

ビリルビンが分解され回収されたもの

なぜなら、直接ビリルビンが胆汁に混じって腸内に放出され、腸内細菌に分解されて再吸収され、そして尿に混じったものが尿ウロビリノーゲンだからです。

つまり、直接ビリルビンが回収されたものですね。

尿検査は簡単にできるのがメリット

それならビリルビンの数値だけ調べればいいじゃないかということになりそうですけど、尿ウロビリノーゲンは尿に試験紙をつけるだけという簡単さですのでそこにメリットがあるわけです。

陽性でも陰性でも異常

ただ、直接ビリルビンと違って、尿ウロビリノーゲンの場合、陽性でも陰性でも異常ということになっています。

正常値とされるのは「弱陽性」です。

異常値と考えられる病気

陰性ですと胆汁うっ滞や閉塞性黄疸が考えられます。

陽性ですと肝臓の病気が考えられます。ただ、便秘でも上がることがあるようです。

判断はくだしがたい

陽性でも「2+以上」になりますと、病気である可能性は高まりますが、血液検査ほどの正確性はありませんのでこれだけで判断するのは難しいようです。

肝機能とTTT、ZTT

血清の濁り方を見る検査

TTTというのは日本語で「チモール混濁試験」といいます。

ZTTというのは「硫酸亜鉛混濁試験」といいます。

採取した血液から血清を取り出して、そこにそれぞれ試薬を投入します。そうすると、血清中のタンパク質の量に応じて異なった濁り方をします

その濁り方を見て、どんな病気の可能性があるかを考えるわけです。

正常値と異常値

正常値としては、TTTは4以下ZTTは12以下となっています。これは専用の機械を使って数字を割り出します。

単位を書いていないのは・・・それぞれ特殊な単位ですから、それを見てもあまり意味がないんです。ちなみにTTTはマクラガン、ZTTはクンケルという単位です。

考えられる病気

さて、それぞれ異常値だとどんな病気が考えられるかといいますと・・・

TTTの場合は、肝臓の病気の他に、高脂血症があります

ZTTの場合は、肝臓の病気の他に骨髄腫などがあります

両方に共通するものとしては肝臓病の他に膠原病や感染症があります。

あまり正確な方法ではない

ちなみにTTTの場合、血清中にグロブリンが多いと濁りは強くなり、アルブミンが多いと弱くなります。ZTTの場合、IgEが増えると濁りが強くなります。

ただこの方法は正確さを欠くため、次第に用いられなくなってきています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする