総量規制とは何か、消費者金融だけの話と思ったら…

消費者金融からお金を借りたいと思っている人は、「総量規制」っていうのを絶対知っておかないといけません

でも、

「総量規制って何?」

という人も多いんじゃないでしょうか。

まず簡単な説明

最初に簡単に説明すると、「総量」というのは「借りるお金の総量」っていうことです。それを「規制」すると。

つまり、消費者金融から借りられるお金の総額が、国から制限されちゃった、ということなんですね。

それが総量規制。

これ、昔はなかったんですよ。でも2006年に、貸金業法が改正されて、借りられる金額が制限されたんです。

昔のほうが良かった?

「え~、じゃあ昔のほうが良かったんじゃない?」

なんて思うかもしれませんが、昔はこの決まりがなかったせいで、返せないほどのお金を借りてしまって、苦しむ人も多かったんです。自殺する人までいたくらいです。

で、そんなことがなくなるように、ということで、総量規制が導入されたんですね。

実際借りられるのはいくらなの?

じゃあ次に気になるのは、

「制限されるって、具体的にはどれくらい制限されるの?」

っていうことになりますよね。

これは言葉でいうと単純で、

「年収の3分の1まで」

ということになっています。

つまり、年収300万円の人は、総額で100万円までしか借りられませんよ、ということなんですね。年収900万円の人は300万円まで。

これをみると、借金が必要ない高収入の人ほど多く借金できて、「それっておかしいんじゃない?」と思うかもしれません。

でもやっぱり、「返す能力」つまり「返済能力」が大事だから、仕方ないんです。

「借入枠」で計算するんですよ

それで、気をつけなければならない点としては、総量規制の「総量」では、実際借りている金額じゃなくて、「借入枠」の金額が計算されるっていうことです。

これ、消費者金融でお金を借りるのが初めて、という人にはわかりにくいかもしれませんね。

消費者金融でお金を借りる場合、「はい、10万円貸しますよ」ということで、10万円ポンと渡してくれるんじゃありません。

「一度に最大10万円まで借りられる権利を差し上げます」

という形になります、これが借入枠です。10万円の借入枠が認められたら、あなたは10万円まで借りることができるんです。最大10万円だから、5万円しか引き出さなくてもいいわけです。

で、総量規制の場合、引き出した5万円じゃなくて、借入枠の10万円の方で、計算しますよ、っていうことなんですね。

実際計算してみましょう

例えばあなたの年収が300万円の場合。限界は100万円です。

それで、次のように借入枠を持っているとしましょう。

プロミスで40万円。
アコムで40万円。

さらにモビットと契約しようとすると・・・モビットは最大いくらの借入額を認めてくれるでしょう?

正解は、20万円ですね。

40万円+40万円+20万円=100万円

となりますから。

「限界ギリギリ」は無理

でも実際問題として、限界いっぱいまで認めてもらえることはまずありません。

つまり、年収300万円あっても、100万円認めてもらえることはめったにないということです。

これはもう、貸す側の立場になれば、返してもらえなくなったら困るわけですから、

「なるべく借りる側の負担を小さくするように」

と思うのは当然ですよね。

消費者金融だけじゃなかった!

それでこの総量規制ですが、消費者金融だけかと思ったら、違うんですね。

クレジットカードのキャッシング枠も、総量規制の対象になります。つまり計算に入れられるってこと。これは盲点ですので、気をつけておく必要がありますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする