肌のターンオーバー周期は年齢や場所によって違う~生理と同じではない

肌のターンオーバーとは肌の細胞が入れ替わることですね。

でもこれ、表皮で行われていることを指します。
真皮の新陳代謝は、普通、ターンオーバーとは呼ばれません。

さて表皮のターンオーバーですけど、
表皮基底層でできた表皮細胞がだんだん外側に移動していって、
最後に垢となって剥がれ落ちていく過程をいいます。

基底層→有棘層(ゆうきょくそう)
 →顆粒層(かりゅうそう)→角質層→垢

という順番ですね。

ターンオーバー周期は生理の周期と同じ?

それでターンオーバーの周期というのは、
この、表皮細胞が生まれてから剥がれ落ちていくまでの期間のことですが、

これは28日が標準といわれていますね。
生理の期間と同じだなんていわれることもあります。

でもこれ実は年齢によって大きな差があるんです。

ターンオーバーの標準周期はだいたい、

年齢×1.5日

といわれています。
つまり20歳の場合はだいたい30日になるということですね。

場所によってもターンオーバー周期は異なる

ただ、同じ人でも顔の場合はターンオーバーの周期が短いですから、
20代の顔の肌のターンオーバーはだいたい28日ということにされています。

だいたいターンオーバーが気になるのって顔ですから、
そこの周期が重視されているというわけですね。

場所によって違うということですが、
顔は「年齢×1.5日」より早く、腕や脚はそれより遅いといわれています。

年齢を重ねるほどダメージが蓄積しやすくなる

まあそれにしても・・・年齢×1.5日はつらいですよね。

40歳だとターンオーバーの標準周期が60日になってしまいます。

まあ顔ですとそれよりいくらか早く考えてもいいのですが・・・
それでも50日くらいになりそうですよね。

ということは年齢を重ねると、肌トラブルが治りにくい
ということになります。

シミができやすくなるのも・・・この影響が大きいですよね。

若いときは、メラニンが作られても、
活発なターンオーバーによってどんどん排出されるんです。

でも年齢を重ねると・・・できたメラニンがなかなか出て行かない。
で、肌の中にたまっちゃうというわけですね。

それで1箇所に集中すればシミになりますし、
全体的になんとなくたまればくすみということになります。

ですので年齢を重ねれば重ねるほど、
紫外線その他、肌にダメージを与えるものを避けなければなりませんし、

保湿に気を使って、肌のターンオーバーを少しでも活発にしてやる必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする