子供の風邪、インフルエンザ、ロタウイルス、ヘルパンギーナ、手足口病、クループ症候群、マイコプラズマ肺炎ほか

風邪

子供にとって、というか、子供に限らず大人にとってもいちばん身近な病気といえば「風邪」ですよね。

カゼと呼ばれるものは、ほとんどが、鼻や喉にウィルスが感染して炎症を起こしている状態です。日とぞれぞれかも知れませんが、私の場合は、まずのどが痛くなってきます。

それから鼻水が出始めてくしゃみも出るようになります。そのご乾いた咳が出始めて、それがだんだん湿った咳になってきます。この辺いちばんつらくて熱が出ることもありますが、ここを乗り越えると治るというパターンです。

カゼと一口に言っても、そのウィルスはなんとウィルスは、250種類以上もあるそうなんですよ。インフルエンザなんかは一度かかると抗体ができてその年はかかりませんよね。

しかしカゼの場合、いちど風邪にかかってそれが治ったとしても、また違ったウィルスに感染すれば何度でもひいてしまいます。そこがちょとやっかいで、特効薬もないといわれる所以でしょうか。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまではお母さんの免疫があるために、風邪をはじめいろんな病気にかかりにくいです。母乳によって病気に強くなるとも言いますね。

しかし絶対にカゼをひかないというわけではありません。産まれてすぐからでも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。

高熱が出た場合は注意が必要ですが、「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」「うちの子はおかしいんじゃないの?」なんて心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひくたびに強くなっていきます。抵抗力をつけていくのです。

症状としてはくしゃみや鼻水、せきなどがあり、熱も出ます。まあ、大人のカゼと変わりませんね。

普通は3、4日で熱は下がって、1週間もすれば症状は快方に向かいます。38度以上の熱が4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑い、必ず受診しなければなりませんけど、私なら、38度の熱が出た時点で病院につれてっちゃうでしょうね。

ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によってうつります。

咳やくしゃみで簡単にうつってしまうのです。世の中には人のほうを向いて咳やくしゃみをするのもいますので、危ない人には近づかないことです。

また、風邪が流行っている時期は、人が集まる場所を避けることがいちばんの予防法になります。

風邪には特別な治療法はありません。風邪を治すのは自然治癒力に頼ることになります。

ほとんどの風邪は、自然に治るので、自然治癒力を高めるために、部屋の室温や湿度を快適にして、気持ちよく休ませてあげることが大切です。水分の補給も大切ですね。

離乳食の赤ちゃんは、無理強いしないようにして、消化の良いものを与えましょう。

冬の病気インフルエンザ

子供の病気には色々なものがありまして、なかにはまったく聞いたこともないものもありますので、そんな病気が発症した時にはどうすればいいのかわからなくなってしまいますが・・・毎年決まって流行するものなら対処もしやすいです。

そういった意味で気をつけなければいけない病気に「インフルエンザ」がありますよね。

小さな子供やお年寄りは、インフルエンザから命にかかわる病気になることもありますから、ただの風邪と同じように扱うわけには行きません。

それではインフルエンザと普通の風邪はどう違うのか疑問に思う方もいると思います。

呼び名は変わりますけど、症状は似ていますからね。風邪の症状が強く出たくらいのものなんじゃないかと思えてしまいます。

しかし風邪とインフルエンザは、ウィルスや症状など、大きく異なるようですね。

通常の風邪は色々なウィルスが喉や鼻などから感染することによって起こる、鼻の穴から喉の奥までの炎症のことです。風邪というと咳やくしゃみ鼻水や熱を思い浮かべますが、その正体は炎症なのですね。

感染はほとんど接触感染なのだそうです。患者さんが鼻や鼻水を触った手などに触れることにより感染し、潜伏期間は4、5日程度です。

でも、風邪をひいたときに、接触なんかしたおぼえはないのですけどね。不思議なものです。しかし、こういった感染経路を考えると、手をしっかり洗うことが大切なのがよくわかります。

風邪はひどい時には症状は次第に重くなっていきます。熱はそれほどたかくなることはなく、37度台か、せいぜい38度台ですね。鼻水や咳などの症状があります。鼻水は透明なことがおおいようです。

それに対し、インフルエンザは、A、B、C型のインフルエンザウィルスの感染によるものです。

風邪ののどと鼻の炎症に対して、インフルエンザは肺や気管支までの炎症を惹き起こしてしまいます。ただの風邪よりも深い呼吸器の病気ですね。しかも空気感染なので、感染力が強いのも特徴的です。

潜伏期間は1~3日程度で、突然に38度以上の高熱が出てしまします。寒気や筋肉痛、全身のだるさなどを伴いますので、大人ならばったり倒れてしまいますね。子供は不機嫌になったり急にぐったりしたりしてしまいます。

まず高熱によって全身症状が出た後に咳や鼻水の症状が出ることが多いようです。鼻水は黄色や緑色で濁った色で粘度も高いです。

症状は2、3日で落ち着きますが、熱は1週間程度続くこともありますのでかなり苦しいです。

2日目までは熱が高く、3日目に少し下がって、4日目や5日目にまた上がるというパターンも多く、高熱の山が二つできる感じですね。

インフルエンザの方が症状が重くなりますし、インフルエンザ脳症などの合併症を引き起こすとこともあります。インフルエンザが怪しまれる場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

インフルエンザの特効薬タミフルの安全性

インフルエンザに関係して、「タミフル」という薬が話題になったことがありました。

子供にとって怖い病気であるインフルエンザですが、最近ではその特効薬とされる「タミフル」をめぐってさまざまな意見があります。

インフルエンザは怖いですから効くものなら飲ませたいですし、しかし副作用があるのなら怖いし・・・実際に子供に服用させてよいのか、不安に思ってしまいますよね。

インフルエンザにかかって48時間以内にタミフルを服用すると目覚しい効果が出ることが多く、症状が軽く済み、回復が早いということなのですが、しかし一方で、子供が突然死したり、異常行動が起こったりということもニュースなどで効きますよね。

このように、タミフルの安全性が疑問視されるようになり、2007年3月、タミフルの使用中止を求める声が出始めました。

しかし、厚生労働省薬事・食品衛生審議会安全対策調査会の意見は違うようですね。2007年12月の公式な報告によると、タミフルを服用した時としていない時とでは、異常行動が現れる確率に違いはないということです。

それどころか、むしろタミフルを服用した時の方が少ないとの結果が出たということです。それでも心配されているということは・・・厚生労働省の信頼が失われているということでしょうか。

タミフルと異常行動との因果関係はないということなのですが、親としては万一のことを考えてしまいます。

そこで、タミフルを飲ませるにしても飲ませないにしても、インフルエンザが発病して2日間くらいは子供の行動をしっかりと監視しておくことはどうしても必要です。突然外に飛び出したりできないようにしておくことも必要でしょう。

また、10歳未満の子供は、インフルエンザ自体で生死にかかわることもあるので、タミフルの服用は引き続き推奨されています。

タミフルによる異常行動が問題視された時期から、「リレンザ」という薬がよく使われるようになりました。これは、吸入タイプで、使い方を考えると子供はあまり喜ばないものです。それで、今まであまり使われていなかった薬ですが、タミフルと同様に、インフルエンザウィルスの特効薬となる薬なんですね。

ですが、リレンザも、タミフルと同じように異常行動の報告があり、その因果関係ははっきりしていません。やはり、薬云々ではなく、インフルエンザにかかったこと自体で子供の行動にはしっかりとした注意が必要ということになりますね。

どんな薬を使うにしろ、インフルエンザにかかった時は、子供の様子や行動をしっかりと見守っておくことが大切だということですね。

インフルエンザの予防接種

インフルエンザは是非とも予防したいわけですけど、インフルエンザの重症化を防ぐためには、予防接種が一番です。

流行する型ははっきり分からないのに、予防接種は効果的なのかよくわかりませんよね。それを疑問に思う人も多いと思います。

ただ、インフルエンザのワクチンは、流行するウィルスの変化も予想して作られています。だから100%確実とはいえないのですが、実際の型と一致しなくても症状を軽くする効果があります。予防接種をしないよりは明らかに有利であることに変わりはありません。

1才未満の赤ちゃんには、予防接種の効果は明らかではないそうですね。これはお母さんの免疫力の影響がまだ残っているおかげかもしれませんが、感染しても比較的軽く済むことが多いです。

13才までの子供は、ワクチンを2回接種しておく必要があります。ワクチン接種後、2週間したら効果が現れてくるので、2回目の接種は12月上旬までには済ませておいた方が良いです。

冬休みやお正月には大丈夫、という状態にして置いてあげたいですから。接種間隔は3週間か4週間が効果的なので、1回目は11月中ということになるでしょう。まあ、昔は学校でいっせいにやってくれましたのでそんな心配はしなくてよかったのですけど。

シーズンになってくると、予防接種の予約は混雑してきます。人気のある病院などは、すぐに予約がいっぱいになってしまうようですね。予防接種を考えている場合は早めの予約をしておくか、人が少なそうな病院を見つけておくかしておきましょう。

予防接種は、子供だけでなくママとパパもしておきましょう。子供だけ、という家庭も多いようですが、もちろんインフルエンザは大人だってかかる可能性があります。ママやパパも感染することが多い病気です。

特に、赤ちゃんが1才未満だったり、1才以上でも重い卵アレルギーがあったりする子供は予防接種を受けることができないので、そのような場合は、パパやママもしっかり接種しておいてくださいね。親がインフルエンザになってそれがこどもにうつってしまうと悲しいですから。

インフルエンザの対処法

最もよいのは予防対策を万全にしてかからないことですが、運悪くインフルエンザにかかってしまったらどのように対処すれば良いのでしょう。

インフルエンザになった時のお家でのケアとしては、基本的には風邪の時と同じです。

寒いだろうと思って厚着をさせるとますます体温を上げてしまいます。体が熱くなって汗が出始めたら、なるべく薄着にしてやり風通しを良くしてやりましょう。

汗がでているのに厚着のままでは肌がべたべたになって不快この上ないですし、汗のせいで寒気を感じてしまうこともあります。濡れたい服が冷たくなってしまうのですね。

手足が冷たい時には手袋をつけさせたり靴下をはかせてやったりして、部分的に温めてあげても良いですよ。

発熱による発汗や下痢のために水分不足になってしまいます。だから水分補給はとても大切です。ナトリウムなどの電解質を含んでいるイオン水などをなるべく与えるようにしましょう。

ポカリスエットなどのスポーツドリンクが手軽でいいですね。単なる水は飲みすぎると体に悪いですから。

ビタミンCをとらせることも大切です。もちろんビタミンCは抵抗力を高めて病気の予防にも丸のですけど、発症後にとらせると、回復が早くなるという効果もあるようですね。

熱があると、すぐに解熱剤を使いたくなってしまいます。熱が下がれば短期的には気分がよくなりますからね。しかし解熱剤は使えばいいというものではありません。

解熱剤が必要なのは熱が38.5度以上あって、苦痛が激しい時にします。なぜならインフルエンザウィルスは熱が高い時に多く死滅していくからです。

解熱剤で無理に熱を下げると、インフルエンザウイルスは居心地がよくなってしまうのですね。ウイルスがが体内に残って動きが活発になり、かえって回復が遅れてしまいます。

解熱剤はせいぜい1度くらい下げるつもりで使用しましょう。平熱まで下げるのは良くありません。

解熱剤が効きすぎている場合は、次に使う時は量を減らして調整するようにしましょう。解熱剤はなるべく使わないほうが良い薬、と考えておいた方が良いですね。

さて、熱が高くて心配な時は、解熱剤よりクーリングを先に試してみるとよさそうです。クーリングとは、要するに冷やすことですね。昔ながらの熱への対処方法です。

体の一部を部分的に冷やしてやることで、体全体の熱も下げることができます。熱を下げるには大きめのアイスノンや保冷剤で脇の下や足の付け根を部分的に冷やしてやると効果的です。

市販されている冷えピタでおでこを冷やしている人も多いですが、あの大きさを見てもわかるとおり、それほど熱を下げる効果はありません。これは冷たくて気持ちが良いだけ、すーすーするだけですね。

体の熱を下げる効果はほとんどありません。太い血管のある脇の下や足の付け根、背中などを中心に冷やしてみましょう。

インフルエンザ脳症と後遺症

子供が突然意識障害を起こしたり痙攣をしたりすることがあるのですが、こうなると親としては慌ててしまいます。意識障害や痙攣などを惹き起こす病気に脳炎や脳症があります。

インフルエンザに感染した後にかかることがある脳症としてインフルエンザ脳症という病気があります。毎年数百人の子供が発病するようです。インフルエンザ脳症にかかってしまうと死亡率は50%です。2人に1人はたすからないということになります。

後遺症が出る確率も25%ですのでとても怖い病気です。

インフルエンザにかかってから、2日以内に発症することが多いようです。見かけ上の症状をあげてみましょう。

・ぐったりしてつねにうとうとしている
・呼びかけにも応じない
・変な事を口走る
・などの意識障害が起こり
・痙攣を伴う場合もある

熱性けいれんや高熱時のうわごとなどとの区別が付けにくいのですが、症状の重さや持続時間などで区別されています。素人目には区別がつきづらいですから、インフルエンザにかかったかもしれない時は一刻も早く信頼できるお医者さんに頼ることが必要でしょう。

回復しても、知能や運動機能に障害が残ってしまうことがあり、恐ろしい病気です。しかし、現在の段階では根本的な治療法はない、ということですのでなんとしても予防したいところです。日頃から体の抵抗力を高めていく努力が必要でしょう。

インフルエンザ脳症の100人を越える発症は日本にしか見られません。そこが謎ですが、原因究明のヒントにもなりそうです。原因は何であるのか追求されていますが、解熱剤が関係しているのではということもいわれています。

日本では熱を下げる時につかっていた解熱剤、ボルタレンやポンタ-ルなどは、強すぎて他の国では使われていない薬なのだそうです。それで現在では、原則としてアセトアミノフェンという薬以外は解熱剤としては使用しないことになっています。

解熱剤をもらった時は、必ず薬の名前を確認して使うようにしましょう。よく効く解熱剤で、熱が下がって一安心、と思ったらもっとひどい事態を惹き起こすかもしれないのですね。また、大人や上の子供の解熱剤を自分の判断で使うことも避けましょう

インフルエンザ脳症を防ぐためには、こうした薬の確認もだいじですが、やはり何よりも予防が大事になってきます。インフルエンザの予防接種はできる限りうけるべきでしょう。

インフルエンザの予防法

予防には、まずは予防接種が効果的なのですが、もちろん絶対ではありません。

自分の子ども時代を振り返ってみると、毎年のように予防接種は受けていましたがそれでもインフルエンザにはかかりました。インフルエンザのウィルスにはいろんな種類があるからですよね。予防接種一本ですべてをカバーできるわけではありません

ということで日常生活での病気予防が大事になってきます。

インフルエンザや風邪のウィルスにやられないように、お家で簡単にできる予防はいくつかありますよ。

なんといっても大事なのは、体自体の抵抗力をあげておくことでしょう。体を鍛えておくことだとか、十分な睡眠、栄養バランスは基本ですよね。

外から帰ったら、まずはうがいと手洗いです。これはとても大事なことです。手洗いは、さっと水洗いするだけではなく、しっかり洗うように子供に教えてあげなければなりません。石鹸で指の間や爪の間まで、しっかりと洗いましょう。できれば除菌石鹸などを使うといいでしょう。

1日5回手洗いする人は、手を洗っていない人に比べて45%も風邪をひく人が少ない、との調査報告もありますよ。

ただ、洗いすぎは、それはそれで悪影響がありますので、程度を守ることが必要です。あまりに神経質になるとこんどは不潔恐怖だとかアレルギーのもとになります。

うがいはのどの細菌を減らすために、出来れば1分程度やることが効果的です。水道水でも効果はあるようですね。ただ、それほど強力ではありません。ここはカテキンの殺菌作用がある紅茶や緑茶でうがいをするとより効果的ですよ。

お部屋を温かくして、湿度を上げることも大切です。ウィルスを死滅させるのに最適な温度は20度~24度、湿度は60~70%です。冬の風邪は潤いに弱いようですからね。

加湿器を使っても良いですが、霧吹きスプレーで水を噴霧してやっても良いです。また、濡れタオルをお部屋に干しておいても効果的です。

タオルを3枚くらい干しておくと湿度が50%程度になると言われています。簡単にできて良い方法ですよね。洗濯物を室内に干すというのもいいかもしれません。どうせ冬は外に干しても乾き具合はそれほど変わらないでしょうから。

1日の中で一番風邪を引きやすいのは夜中です。朝子供が起きてきたら、急に体調が変化していた、なんてことは良くありますよね。夜中(2時から4時頃)は、自分の不調に対して即対応というわけにはいきませんし、体が乾燥してウィルスが増殖しやすい時間なのです。

寝かせる前に、温かい飲み物を飲ませておくと効果的ですよ。

目が覚めたら水分をとれるように、枕元にお水などを置いておいても良いですね。おねしょが心配かもしれませんが、インフルエンザよりはましでしょう。

毎日のちょっとしたことで、簡単にできる予防法。子供と一緒にパパやママもしっかりやっておき、風邪の季節も楽しく過ごせるようにしましょう。

冬風邪の原因ロタウィルス

冬の下痢や嘔吐の原因となるウィルスは、7~8割がロタウィルスによるものだと言われています。ロタウィルスですよ。聞いたことありませんよねぇ、そんなの。

やはり子供にとり憑くやつのようで、大人にはあまり感染しません。生後5ヶ月~2才ごろまでの子供に多く見られる病気です。

主な症状は発熱と嘔吐と下痢です。

熱は発症してから半日から1日程度で下がりますし、嘔吐は2日程度でおさまります。しかし下痢はけっこうしぶとくて、1週間ほど続きます。1日に5、6回ほど激しく吐いたり、お米のとぎ汁のような白っぽい下痢便が出たりするので、コレラにでもやられたのではないかと心配になります。

便は1日に10回以上も出ることがあり、当然ぐったりして元気がなくなってしまいます。下痢のために脱水症状を起こしたりすることもあるので注意が必要です。

脱水症状を防ぐために、市販のスポーツドリンクなどで水分を補給してあげましょう。ただの水ではミネラル分がどんどん体外に排出されて危ないです。ポカリスウェットなどのスポーツドリンクは濃度が調整されているので最適でしょう。

ですが、吐き気がある時は飲ませてもすぐに吐いてしまうことが多いです。ここは根気よくする必要があります。少しずつ、何度も何度も飲ませてあげましょう。脱水症状がひどい時には点滴をする必要があります。どうしても水分がとれない場合は、早めに医師の診察を受けるようにしてください。

子供が嘔吐や下痢を起こすと周囲の人は大変です。特に嘔吐は世話をするのが一苦労です。枕元に洗面器や着替えを置くなどして対処するようにしましょう。

もちろん患者の便や嘔吐物の処理をする時には、十分な注意が必要ですよ。

ロタウィルスは非常に感染力が強いウィルスですので、汚れた手で他の子供に触れたりすると危ないです。10個以下のウィルスでも強い感染力があるということですからね。患者の便や嘔吐物の中には大量のウィルスが含まれているわけですから注意が必要です。

処理をした後には除菌石鹸などでしっかりと手洗いをしておきましょう。

また、下痢の症状がなくなった後もウィルスが消えてしまったわけではありません。しばらくは患者の便中にはウィルスの排出が続いています。症状が治まった後も引き続き注意して、手洗いをしっかりすることが肝心でしょう。

尿路感染症 赤ちゃんの発熱

子供が発熱すると、まず風邪を疑うと思います。でも熱はあるのに鼻水やせきなど、一般的な風邪の症状がないことがあるんです。そんな発熱の場合は尿路感染症を疑う必要があります。

尿路感染症とは尿道だけが炎症を起こすわけではありません。尿道以外にも尿の通り道である腎臓、尿管、膀胱などに大腸菌などの細菌が感染して、炎症を起こし、発熱までしてしまう病気です。

炎症を起こした場所によって、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎などと呼び方が変わります。しかし赤ちゃんの場合は感染した場所を特定できないことも多いので、まとめて尿路感染症と呼んでいます。
大人や子供の膀胱炎には排尿をした時の痛みや残尿感がありますのですぐにわかります。

また、腎盂腎炎には腰痛や高熱がありますのでこれも大人なら区別できます。しかし乳幼児の尿路感染症には、はっきりした症状はありません。

風邪の症状がなく、原因不明の発熱が続く、というパターンが多いですね。そんなときは尿路感染症を疑って診察を受けるべきでしょう。

尿路感染症の診断ですが、病院にいくと尿検査を受けることになります。ただ、赤ちゃんの場合は「ハイおしっこして」なんて言われてもでないものはでないわけです。その場合は専用のパックを貼はりつけて、自然におしっこをしてくれるのを待つしかありません。

尿路感染症になっていると尿は大変なことになっています。普通は尿というのはきれいなものなんですけど、尿路感染症にかかっている場合は、尿にたくさんの細菌や、白血球が見つかります

原因となった最近に効果のある抗生物質を使って治療すれば、1週間以内には治まりますので、それほど心配することはないでしょう。

ですが、尿路感染症に気づかずにほったらかしにしていると危険です。敗血症や髄膜炎といった重症の病気になってしまう場合があるので、早期発見が大切です。

家庭での予防法としては、水分を多くとること、おしっこを我慢させないこと、などがあります。

女の子は、排尿後のふき方も気をつけなければなりません。必ず前から後ろへ、菌を入れないように、という気持ちで綺麗にしてあげることが大切です。自分でできるようにするときもそのように指導してやらないといけません。

水ぼうそう

「水ぼうそう」は、子供の病気の中でもとても感染力が強い病気で簡単にうつってしまいます。そういえば私も子供のころ友達にうつされて40度くらいの熱が出たことがあります。一人かかるとクラスメートが次々とかかって順番に学校を休んだりしていましたね。

肌が触れたり、水ぼうそうにかかっている子供とすれ違ったりしただけでも感染してしまうほど感染力が強いそうです。生後間もない赤ちゃんにも、母親の抗体など構わずにうつる可能性があます。兄弟や姉妹の間だったりすると、感染は避けられないでしょうね。

潜伏期間は10日から3週間程度と言われていますが、2週間前後であることが多いです。感染して2週間も症状がでないのですね。結構長い間潜んでやがります。

水ぼうそうの症状としては、37~38度の高熱が出ます。

そして同時に水ぼうそう特有の赤い小さな発疹が出ます。発疹は、全身に広がっていきます。はしかとにていますね。口の中にまで出ることがあります。最初は小さな赤い発疹なのですが、水ぼうそうという名前のとおり、だんだん水ぶくれになり、強いかゆみもあります。

水ぶくれは2~3日でしぼんでいき、その後は黒ずんだかさぶたができます。しかし次から次へとに新しい発疹ができるので、全ての発疹がかさぶたになるまでは1、2週間程度かかります

それで全身にかさぶたができるというわけですね。これじゃ学校には行けません。かさぶたになるまでは、他人に感染させてしまう可能性があります。園や学校は休ませる必要があります。かさぶたになってからでも特に女の子は学校にいきたくないでしょう。完全に治るまでやすませるべきですね。

お家でのケアとしては、軽症の時は、かゆみ止めの薬を塗る程度です。かきむしって水ぶくれをこわさないように、つめは切っておいたほうがいいでしょうけど、それでも潰してしまうことは避けられないでしょう。眠っている間は特に掻いちゃいますよね。

水ぼうそうにかかった子供と接触したら感染してしまった可能性があります。しかし3日以内にワクチンを接種すれば発症の予防や症状を軽くすることができるんです。

また、症状が出て2日以内の場合なら、ウィルスに対する薬を飲むことで症状が軽くなることもあります。早期に手を打てば、いろいろと方法があるようですから、お医者さんに相談してみましょう。

感染力が強いとは言え、健康な子供にとっては、水ぼうそうはそれほど怖い病気ではありません
しっかり養生すれば問題なくなおってしまいます。

しかし、先天性の免疫不全の子供や、副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤を使っている子供の場合は抵抗力が低くなっていますので十分な注意が必要になります。

また、完治するまでに長期間かかる病気なので、夫婦で働いている人など、子供が長期間休むことになると困りますよね。やはり予防が大事です。水ぼうそうの予防接種を受けておくのがいいでしょう。

子供に多い夏風邪 ヘルパンギーナ

夏風邪といえば乾燥よりも湿気を好む性質があって、一度引いてしまうとなかなかしぶといという性質がありますね。子供がかかってしまうと大変です。

ちなみに子供がかかりやすい代表的な夏風邪といえば、「ヘルパンギーナ」です。ヘルパンギーナなんてまったく聞き慣れない病名ですけどね。

1才前後~10才までの小さな子供に多く見られる病気なんですけど、4才までに70%もの子供が感染するそうなのですが、ちょっと実感がありませんね。

ほとんどはエンテロウィルスの飛沫感染によるものです。咳やくしゃみでうつるというのですね。ただし流行性のものは、A群コクサッキーウイルスによるものです。

突然39度の高熱がでたりしますのでびっくりしますね。そして、のどの奥に小さな水ぶくれがたくさんできます。さらにその水ぶくれが破れて潰瘍になり、ひじょうに苦痛を感じます。子供は痛いので機嫌が悪くなることが多いですね。

よだれがたくさん出るようになるのでだらしなくみえますがこれは病気のせいなんです。のどが痛んで水ぶくれもありますので飲んだり食べたりもしにくくなります。

熱は2、3日で下がるので、体がだるい、動けないということが続くわけではありません。しかし水ぶくれが治まるのは1週間ほどかかりますので、飲んだり食べたりする時に不愉快な思いが続きます。それでしばらくは不機嫌な状態が続くかもしれません。

特効薬がないそうなんですよ。困ったものですけど。だから自然治癒力を高めるしかありません。

自然に治る病気なのですが、高熱が出ることもあり、お家では水分の補給に心がけましょう。また、すっぱいものなどはのどにしみてしまいますので避けたほうがいいですね。

刺激の少ない口当たりの良い食べ物を与えてあげてくださいね。食欲がなくても、水分だけはとらせるようにしましょう。

40度を越す高熱が続く場合は非常に危険です。すぐに病院にかかる必要があります。

また、嘔吐したり、不機嫌な状態が長く続いたりする場合は、無菌性髄膜炎の心配もあります。おかしいな、と思ったら、早めに医師の診察を受けましょう。

発熱してから2、3日までが最も感染しやすい時期なので、兄弟がいる場合は伝染してしまうことに気を使わなければなりません。病気がうつってしまわないように周囲の人は注意が必要です。

予防ために、手洗いをしっかりと行いましょう。患者のタオルは別にしておいた方が良いですね。
患者の便には、感染してから1ヶ月ほどウィルスが出ている可能性があります。

治ってからもしばらくの間は、ウィルスが残っていることが多いですから、おむつ交換の時など、手に触れた後はしっかりと除菌石鹸などで手洗いをしておく必要があります。

手足口病

手足口病って・・・きいたことあります?「てあしくちびょう」と読みます。英語では「Hand-Foot-Mouth disease」といいまして、そのままの翻訳ですね。子供がかかりやすい夏風邪には色々なものがありますが、「手足口病」は夏風邪の一種と考えられているようです。

手足口病の原因となるウィルスは1種類ではなく、コクサッキーA郡ウィルスや、エンテロウィルスなど、複数のウィルスがあります。

ということは一つのウィルスでひきおこされた手足口病に対する抗体ができて病気が治ったとしても、また他のウィルスに感染することもあります。このため、一度だけでなく、何回も感染してしまうことがある病気です。

10歳以下の乳幼児や小児によく見られる病気ですが子供限定の病気というわけではありません。大人でも感染することがありますよ。

症状は、名前の通り、手のひらや足の裏、口の中に水ぶくれのような小さな発疹ができます。子供の場合はかゆみや痛みはほとんどないようですね。しかしなぜか大人が感染した場合は痛みを感じることもあるようです。

口の中の発疹は、破れて潰瘍状になることもあります。こうなると食べたり飲んだりするときに不愉快な思いをすることになります。潰瘍によって、痛みが生じる場合があるので、そのような時は、熱いものや冷たいもの、刺激物は避けて、口当たりの良い、消化の良いものを与えるようにしましょう。

始まりのころに軽い発熱や、喉に痛みがある時があり、そのために食欲が落ちてしまうこともあります。しかし特別に治療をしなくても、自然に治る病気なのでそれほど心配することはありません。ただ、異常が見られた時点で医者にかかっておけばその分治りも早くなるでしょう。

発疹があるために、他のお母さんの目が気になるかもしれませんが、子供が元気ならば園や学校を休ませなくても大丈夫ですが・・・ただやはり他の子供にうつしてしまっては悪いですし、子供としても見た目が気になるかもしれませんから休ませたほうがいいでしょう。

通常は1週間から10日くらいで治り、重症になることもなく合併症もほとんどない病気です。しかし、運が悪ければまれに髄膜炎を伴うことがあり、この場合は入院が必要になってしまいます。

また、ごくまれですが、急性脳炎などを引き起こして死亡することもありますので、症状が軽いのか重いのかには注意しておかねばなりません。高熱や嘔吐、頭痛を訴えている時は、早めに診察を受けるようにしましょう。

りんご病

りんご病はウイルスによってひきおこされます。ヒトパルボウイルスB19というウイルスの感染による病気です。れっきとした感染症なんですね。病名の由来はわかりやすく、個人差はありますが、ほっぺがりんごのように赤くなるのでりんご病いう名前が付きました。

初夏から秋にかけて、5才~9才の子供がかかりやすい病気なんですね。しかし子供限定の病気というわけではないらしく、大人になってからでもかかることもあるようです。大人でほっぺがりんごのように赤くなるというのはなかなかない経験ですけど。

潜伏期間は約1週間です。その後、軽い発熱や倦怠感、体全体がだるくなってしまったり、筋肉痛などが起こることがあります。この症状から風邪と思ってしまうことが多いですね。この時点ではりんご病とは気づかないのは仕方ないです。しかし実はこの時期が感染力が一番強く、他の子供にもうつしてしまうことが多いのです。

その後、両頬に赤い発疹が出てきます。それがりんごのようだというわけです。発疹は腕や足にも出始めて、レース状や網目状になってきますので、ちょっと気持ち悪いです。その後、1、2週間続くと、発疹は鎮静してきます。

発疹にかゆみを伴うことがあり、かゆみが強い時はかきむしらないためにもかゆみ止めの薬を使います。しかし治療法というわけではなく、対症療法といった感じです。病気自体は、安静にする必要もなく、普段通りの生活で治っていきますので心配は要りません。

発疹が出て、りんご病だと分かった時には、幸か不幸か既に感染力はなくなっているんですね。だから園や学校なども休む必要はありません。

このように、自然に治ってしまいますので、特に心配する必要のない病気だと思われるりんご病ですが、しかし、妊婦さんには注意が必要です。ヒトパルボウイルスB19というウイルスは、赤血球を作る細胞を壊す働きがあるのです。

妊婦さんがかかってしまうとおなかの赤ちゃんに危険が及びます。胎児の赤血球が壊されて、胎児水腫や流産、死産の原因になることもあります。リンゴ病に限らず、妊婦さんの場合はあらゆる病気に気をつかわなければならないんですけどね。

ですが成人では、60~70%の人が抗体を持っていると言われていますのでリンゴ病にはほとんどかからないといってもいいでしょう。症状はなくても知らないうちに免疫ができているという人も多いというわけです。知らないうちに感染して、大した症状もでずに治って、抗体ができたということでしょう。

ですからそれほど心配する必要はないかもしれませんが、自分が抗体を持っているか、はっきり分からない状態で、上の子がりんご病にかかったり、りんご病にかかっている子供と接触したりした場合はちょっと注意が必要でしょう。その場合は産婦人科で相談するようにしてください。

おたふく風邪

おたふく風邪はよく聞く病気ですねぇ。大人がかかるとかなり危ないといわれる病気ですけど。おたふく風邪というのは名前からわかるとおり、あごの下などが腫れてしまって、おたふくのような顔になる、子供に多い病気です。

おたふく風邪ウィルスはムンプスウィルスと呼ばれます。おたふく風邪ウイルスに感染してもすぐに発祥するわけではなく、潜伏期間は2週間程度もあります。

よく聞く病気にしては感染力は比較的弱いようですね。そして感染しても症状が出ない、不顕性感染の場合もあるのでその時は気づきにくいですね。とくに1才以下の乳児には不顕性感染が多いと言われています。発症するのは3~10才の子供の場合が多い病気です。

症状としては、耳の下(耳下腺)から、ほお、あご、あごの両側、もしくは片側がはれて痛みます。これでおたふくみたいな顔になってしまいます。

たいていの場合は高熱を伴います。38度~39度の熱が出ることもあります。熱は2、3日、はれや痛みは1週間ほどで鎮静するようですね。

こわいのは合併症で、無菌性髄膜炎や難聴などになることもあります。

また、思春期以降にかかると合併症がひどいといわれる病気でもありますよね。男性は睾丸炎、女性は卵巣炎を起こすことがあります。そこで心配なのは生殖能力の問題ですね。

不妊の心配がされる病気と思っている人も多いと思いますが、通常は片方だけの炎症なので、不妊症の心配はありませんよ。

治療方法としては、特別なことはありません。痛みや熱に対しては対症療法的に対応するしかありません。あとは栄養をつけ体力の回復を図って自然回復力を高めていくしかありません

はれているところを痛がっているなら、濡れタオルで冷やしたり、冷湿布をしてあげたりすると痛みが少しは和らぎます。

あごを動かすと痛いので、食事はなるべくかまずに飲み込めるものが良いですね。ゼリーやプリンなど、やわらかくて消化の良いものを与えるようにしましょう。

やはり合併症が心配される病気なので、予防できればそれにこしたことはありません。おたふく風邪の予防接種しておくことをおすすめします。接種してもかかってしまう場合もありますが、症状は軽く済みます。

1才を過ぎれば接種することができるので、早めに計画しておきましょう。

クループ症候群(急性喉頭炎)

冬に多い子供の病気に、ちょっと聞き慣れない病名かもしれませんが、「クループ症候群」という病気があります。グループではなクループです。別名「急性喉頭炎」とも呼ばれるのどの病気ですね。

喉の奥の声帯のある部分が炎症を起こして腫れ、空気の通り道を塞いでしまう病気ですので、これにかかるとかなり苦しいようです。

不思議なことにウィルス性のものは生後6ヶ月~3才くらいの子供に多く、細菌性のものは、3才~6才くらいに子供に多いです。ウィルス性のものの方が、抗体に対して弱いのでしょうか、軽症で済むことが多いようです。

最初は普通の風邪のような症状なので、クループ症候群だと気づくことはまずないでしょう。風邪のように、発熱や咳、鼻水などが2、3日続いた後、犬がほえるような「バウバウ」という咳が出るようになります。声帯付近が腫れるということで声が枯れてきます。

ひどくなってくると腫れが呼吸を邪魔するようになります。首の下や胸がへこんでしまうほど、苦しい呼吸困難な状態になってしまって、子どもにとっては非常につらいのは当然ですが、見ているほうも苦しくなってきます。

ですので、症状の軽いうちに病院で診てもらいたいものです。ただの風邪かな?と思っても子どもの場合は念のため、病院に連れて行くといいでしょう。

特に夜に悪化する傾向があるので、クループ症候群に感染している時は、寝ている間に発作が起きることがあります。夜間でもすぐに病院に行けるように病院を確保しておかなければなりません。窒息してしまうこともあるので、様子がおかしいな、と思ったらすぐに受診するようにしてください。

それほど長く続く病気ではなく、通常では、4日から1週間程度で回復します。お家でのケアは、通常の風邪の時と同じです。

咳が多い病気なので、水分をしっかり与え、加湿器などを使って喉の負担を少なくしてあげましょう。刺激の強い食べ物はのどに悪影響を与えます。そうなると咳を誘発してしまうので避けた方が良いでしょう。

冷たい食べ物や、冷たく乾いた空気もよくありません。喉に刺激を与えないように注意してあげましょう。

また、大泣きすると、喉の安静を保つことができずに症状が悪化しまう危険があります。できるだけ安静を保つことができるように楽な状態を保てるようにしてあげるといいですね。

マイコプラズマ肺炎

肺炎は、息を吸った時に肺炎の原因菌が気管を通り過ぎて気管支へ、そして、気管支も通り過ぎ、気管支のの先端の肺胞にまで到達します。そこで炎症を起こしてしまうと肺炎になってしまいます。

気管が炎症→気管支が炎症→肺胞が炎症

という順番です。

老人がかかると、死に至ることのある怖い病気です。

高齢者も要注意ですが、高齢者同様体力や抵抗力が低い小さな子供が肺炎にかかった時も注意が必要です。

「肺炎」には、細菌性のものやウイルス性のものなど、色々な種類があります。子供に多い肺炎は「マイコプラズマ肺炎」という聞き慣れないものです。

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマ・ニューモニエという病原体が原因筋となります。マイコプラズマ・ニューモニエに感染すると肺炎になることがあり、5歳~10歳の子供に多く見られます

症状は、発熱やせきです。肺炎には違いありませんが、マイコプラズマ肺炎は他の肺炎と比較すると軽症で済みます

発熱は高熱が1週間近く出る場合もあります。しかし運がよければ発熱しないこともあります。
ただ、せきはなかなかしぶといですね。はじめは乾いたせきですが、次第にたんがからんだせきが続くようになります。このあたりは風邪と似ています。

マイコプラズマ肺炎はくしゃみや咳から飛沫感染します。だから園や学校などで流行したりしたときは、注意が必要です。また家族の間でも感染したりしやすいので、手洗いやうがいをして予防しましょう。

細菌性の肺炎も、乳幼児に多い肺炎です。細菌性肺炎を起こす細菌は一種類ではありません。たとえばどんな細菌が有名化といいますと・・・・・・

・肺炎球菌
・黄色ブドウ球菌
・溶連菌

以上のような細菌に感染することによって肺炎が惹き起こされることがあります。これらの菌が肺胞に達して炎症を起こしてしまった場合ですね。

普通の風邪をひいていたり、インフルエンザに感染したりしている場合は抵抗力も落ちていると考えられますので、風邪やインフルエンザウィルスとは別に、細菌に二次感染することで起こることがあります。

重症になると、あえぐように苦しそうになって呼吸困難になってしまいます。顔色が悪い場合はすぐに病院に行くべきでしょう。

クラミジア肺炎

6ヶ月までの赤ちゃんに特有の肺炎というものもあります。クラミジア肺炎です。クラミジア自体、感染症として有名なのですけど、これが赤ちゃんを傷つけることもあるのですね。

クラミジア肺炎は、母親がクラミジアに感染している場合におこりえます。生まれるときに産道感染してしまって、肺炎につながることがあるのですね。

また、クラミジア肺炎は人間からだけとは限りません。鳥からも感染することもあり、ペットとして飼っている鳥がクラミジア病原体をもっていると、赤ちゃんにうつってしまうことがあります

ペットにはクラミジアに限らずいろんな病原菌が存在しますので、赤ちゃんがいる場合はペットは遠ざけたほうがよいでしょう。

クラミジア肺炎は軽いせきから始まりますが、次第にひどくなっていき、呼吸音が乱れてきて息をするのが苦しくなっていきます熱は微熱程度で、結膜炎をおこして目やにが出るのが特徴的です。

幸いにも抗生物質によって治療可能です。赤ちゃんの咳が気になる場合は早めに受診しましょう。

はしか

はしかにかかってしまったとはよく聞きます。この「はしか」、感染力がとても強い病気なんです。そして、かかると重症化することのある病気ですので、小さな子供がかかると心配な病気の1つでもあります。

潜伏期間は10~12日もあります。はしかの菌を貰ってから10~12日は気づかないというわけです。

感染経路としては、咳やくしゃみなどの飛沫感染が主です。咳やくしゃみには気をつけたいものですけど、子どもだとそうはいきませんね。平気で人に向かってくしゃみをしたりしますし・・・。

また、空気感染することもあるので人ごみなどでも簡単に感染してしまいます。本当に感染力が強いですね。

はじめは38度前後の熱とくしゃみ、鼻水やせき、目やになどが続きます。症状の思い風邪と同じような感じですので、風邪かな?と軽くみてしまうこともあります。

その後2、3日たつといったん熱は下がるのですけど、ほほの内側にコプリック斑と呼ばれる発疹が見られるようになります。周囲が赤い小さな白いブツブツが数個から数十個できるのですね。この時点で発疹に気づかず、風邪が治ったかと勘違いしてしまう場合があります。

しかし、さらに半日すると、再び39~40度の高熱が突然でてきます。ここで親としてはびっくり仰天するわけです。とんでもない高熱で子供が倒れます。

そして耳の後ろや顔に赤い発疹が出ます。発疹は胸やおなか、背中から手足へと、2、3日かけて体全体に広がっていきます。これがはしか特有のブツブツですね。

発疹は、最初は4、5㎜程度で、赤くて丸いものです。それから次第に発疹同士がくっついてくるようになります。発疹が足のほうまで広がると、2日ほどで熱が下がることが多いです。

はしか自体も高熱が怖いですけど、合併症も考えられますので注意が必要です。肺炎や中耳炎、まれに脳炎などの合併症を引き起こすこともあります。肺炎や脳炎は命に関わりますのですぐに対処しなくてはなりません。

重症の場合や、合併症の恐れがある場合は入院治療が必要になります。様子がおかしいなと感じたら迷わず病院へ急行すべきですね。

しかし、はしかにかからなければそれに越したことはありませんし、かかっても症状が軽くすめば予防接種代わりになってよさそうです。はしかは予防が大切なんです。

予防接種を受けていない1才前後の赤ちゃんが多くかかるので、予防接種を受けていない場合は、なるべく人ごみは避けるようにしましょう。

1才を過ぎたらできるだけ早く予防接種を受けるようにしましょう。

また、はしかの子と接触したことが分かったら、すぐに対処べきです。4、5日以内にガンマグロブリンを注射すれば発病を防ぐことができたり、軽症に済ませたりすることができるんですよ。一刻も早くお医者さんに相談してみるべきでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする