化粧水をつけるタイミング~意見が分かれるところ

化粧水をつけるタイミングについては
いろいろと意見が分かれるところですが・・・

オーソドックスに洗顔の次に化粧水を使うとしても
そのタイミングについて意見が分かれるんです。

化粧水をすぐに使う?間をあけて使う?

ひとつは、洗顔後はなるべく早く化粧水をつけるべきだという意見。

もうひとつは、洗顔後、肌の様子を見て、
乾燥している部分を見極めてそこに使っていくべきだという意見。

どちらにも一理あるのですが、
どちらかといえば前者のほうが無難だと考えられます。

なるべく早く使う理由

やはり、洗顔後というのは皮脂がなくなっている上に、
洗顔のときに肌についた水が蒸発していくわけですが
そのとき肌にもともとあった水分も一緒に連れて行ってしまいます。

つまり洗顔後は最も肌から水分が逃げていく時間なんですね。

また、洗顔後は肌が湿っているわけですけど、
この状態のほうが、化粧水は肌になじみやすいです。

しばらく待って水分が乾燥し、皮脂が出てくると、
化粧水は肌になじみにくくなってしまいます。

ということで、水分が逃げていきやすいタイミングであること、
化粧水が肌になじみやすいタイミングであることを考えると、

洗顔直後、なるべく早く化粧水をつけるのがよいと考えられます。

インナードライも防ぐ

洗顔後、皮脂が出てくれば乾燥はしないんじゃないかと
思うかもしれませんけど、これは肌が乾燥してしまった結果、
肌が一生懸命皮脂を出して水分が逃げるのを防ごうとしているんです。

そういう状態の場合、表面がベタベタしているので
乾燥はしていないんじゃないかと思いがちですけど、
意外に皮脂の下で肌の水分は不足していたりします。

こういうのをインナードライといいますね。

ですので、洗顔後になるべく早く化粧水をつけるというのは
皮脂の過剰分泌による肌のべたつきやテカリと、
インナードライを防ぐことにもなるんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする