カードローンとキャッシングローンの違いは大事?

個人向けのローンと言っても、カードローンと言うこともあるしキャッシングということもありますよね。

さすがに最近は「サラ金」という言葉は聞きませんけど・・・。

最初に言っておきますと…

じゃあカードローンとキャッシングローンにどんな違いがあるのかということですね、気になるのは。

まあ細かい違いはありますけど、それを説明する前に言えることは

「カードローンとキャッシングにほとんど違いはない」

ということ。どちらも個人向けの融資であることには変わりありません。

と、ことわった上で。

細かい違いを説明してみましょう。

どっちが「古い」の?

まず2つのうち、古いのは「キャッシング」の方です。

「カードローン」という呼称はキャッシングより後に出てきました。

これはなぜかというと、まずキャッシングというのは消費者金融がやっていたわけですよね。

でもそこに銀行も参入してきたんです。銀行だって、大きな企業だけでなく、個人も相手にしないとやってられない、という時代になってきたということですね。

でも銀行としては、それまでの消費者金融との違いをアピールしたい。

「消費者金融業者じゃなくて銀行なんだよ」

ということをアピールしたい。

そこで「キャッシング」という言葉を使ってしまうと、消費者金融と同じだと思われてしまう。

だから新たに「カードローン」という言葉を使うようになった、ということですね。

以上は、「言葉の古さ」からの区別。

どっちが「広い」の?

次に「意味の広さ」からの区別ですが、「キャッシング」という言葉のほうが意味は広いです。

だって、キャッシングというと、クレジットカードのキャッシング枠もありますし、カードを発行せずに、振込だけで行う貸付も入ります。

でも「カードローン」の場合、もう名前からして「カードなし」というわけにはいきませんよね。カードは必ず発行します。

それからクレジットカードのキャッシング枠を「カードローン」と呼ぶことはありません。だからクレジットカードもここには入りません。

「意味の広さ」からの区別というのは以上のようなものになります。

ということですので。

違いを気にしても仕方ないですね。

ほとんど同じ。まさにキャッシング豆知識でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする