化粧水、美容液、乳液の違い~意外に知らないかも

化粧水も美容液も乳液も、「基礎化粧品」と呼ばれるもので
スキンケアに役立ってくれるものなんですけど、

男性はもとより、女性でも意外とこれら基礎化粧品の
違いを知らない人がいるようです。

ということで今回は、化粧水と美容液、乳液の
違いについて説明してみたいと思います。

化粧水で水分補給

まず化粧水ですが、これは多くの場合洗顔直後に使います。

ということはこれ、何を目的としているかというと
肌への水分供給なんです。

洗顔で皮脂が落とされ、さらに肌についた水分が蒸発するときに
同時に肌の水分も蒸発させてしまいます。

なのでこのタイミングで化粧水によって
水分を補給してやろうというわけです。

もちろん「美白化粧水」など、水分補給以外の目的を
併せ持つものもありますが、あくまでそちらは「オマケ」です。

肌に水分を補給するのが化粧水の役割。

美容液で美容成分を送り込む

では美容液は何かというと、肌にいろいろな美容成分を
送り込むことを目的としています。

そのための特別な美容成分が配合されているのが美容液ですね。

最もよく見かけるのは美白美容液ではないでしょうか。
これは美白のための成分がいろいろと配合されている美容液
ということになります。

他には毛穴対策を意識したものであったり、
アンチエイジングを意識したものであったり、
その目的に応じてさまざまな美容液があり、
その目的にあった成分が配合されています。

明確な目的を持った成分が「濃い」のが美容液といっていいでしょう。

だいたい化粧水のあとに使うことが多いですが、例外もありますし、
メーカーによっては違う順番を指定することもありますので
そこは注意が必要です。

たとえば「導入美容液」「ブースター美容液」というのがありますが、
これは化粧水の前に使うことで、その後の化粧水や
美容液の浸透を促すことを目的としています。

乳液で肌を覆う

最後に乳液ですが、これは肌の水分や、これまでにつけた
化粧水、美容液などが逃げていかないよう覆ってしまう役割をします。
「肌にフタをする」と表現する人も多いです。

ですので油分が多めに配合されていることが多いですね。

乾燥が気になる人は乳液の後、さらに保湿クリームを使って
肌をしっかりガードします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする