紫外線は目から入って美白の邪魔をする?

紫外線対策は美白の前提ということですが、
普通、肌を守ればいいと考えますよね。

もちろん、目も守らなければならないですけど、
それは美白とは関係ないんじゃない?
って思いますよね。

ところが関係あるみたいなんです。
目から紫外線が入ってきても、
肌のメラノサイトは活発になって
メラニンを作ってくれるんですね。

大事な防御反応だけど…

紫外線は肌にとっては有害ですので、
目で紫外線を感じ取っただけでも
体は防御反応するわけですね。

まあ、うまくできてるなぁ、という感じですが、
美白を考える人にとっては
困ったことと言えそうです。

ということで美白のためにも眼を守らなければならない。
それですぐ思いつくのがサングラスだと思います。

で、色の濃い、暗いサングラスのほうがいいと思いますよね?

でもそうじゃないんです。

サングラスを選ぶときの注意

大事なのは、「UVカット」の機能を持っているかどうかなんです。

ただ色が濃くて、UVカット機能がないサングラスは最悪です。
なぜなら、目の前が暗くなることで瞳孔が開いてしまいます。
ところが紫外線は防げてないので、
開いた瞳孔から大量に入ってきてしまいます。

ですので、サングラスは、なるべく色の薄いもので
UVカットの機能が付いているものを選ぶべきなんです。

じゃあ、UVカットできて
色が濃いもののほうがいいんじゃないの?
と思うかもしれませんが、それだとやっぱり
瞳孔が開いてしまいますよね。

そして、サングラスは目の周りをぴったり
覆い尽くすわけではありませんので、
上下左右から漏れてくることになります。

ですので瞳孔が開いた状態は避けたいわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする