派遣社員は消費者金融のキャッシング審査での注意点

消費者金融のキャッシングを利用する場合、職業によって有利不利があるのは仕方のないところです。

それで。

会社勤めにもいろいろあります

会社勤めの場合は、自営業とかフリーターに比べると有利とされていますが、一口に会社勤めと言ってもいろいろな形があります

正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトとあるわけですが。

この中では正社員が一番有利なのは言うまでもありません。

契約社員vs派遣社員

じゃあ契約社員と派遣社員はどっちが有利?という疑問を持っている人も多いでしょう。

これは派遣社員のほうが有利だと考えられます。

たとえばA社で働く場合。

契約社員はあくまでA社の社員です。ところが派遣社員はA社の社員ではありません。何らかの形で「派遣会社」のほうに所属している人です。

派遣会社からA社に「派遣」されているにすぎません。

これだけ聞くと、

「A社に所属している契約社員のほうが有利なのでは?」

と思ってしまいそうですけど、契約社員の場合、あくまで個人でA社と契約しているので、後ろ盾がありません

助けてくれる人が誰もいないというわけです。

つまりA社から追い出されてしまったら、独力で新しい職場を見つけなければなりません。

派遣社員は孤独ではない

ところが派遣社員の場合、派遣会社が後ろ盾となってくれます。

何か問題があれば派遣会社がA社と交渉してくれますし、A社から追い出されても派遣会社が新たな職場を見つけてくれます

ということで、消費者金融から見れば、契約社員よりも派遣社員のほうが「安定度は高い」とみなされるわけです。

さて。

キャッシング申し込みの際の注意点

派遣社員の人が消費者金融のキャッシングに申し込む場合。

たとえば上の例で言えば、自分は「A社の社員」だと書いてしまうことがあります

それは無理もないことですよね、A社で働いているんだから。

でも派遣社員の場合、形式上はあくまで派遣会社の社員です。A社の社員ではありませんので、まちがって書かないように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする