消費者金融の審査で住民票は必要なのか

消費者金融でキャッシング利用の審査を受ける際に、住民票は必要なんじゃないかと思う人も多いと思います。

結論から言いますと、「住民票は不要」です。

住民票は自分以外でも取れるので…

まあ銀行とかの口座開設なんかで、住民票が必要なこともありますので、消費者金融の審査でも必要なんじゃないかなと、思ってしまうのも無理はありません。

消費者金融の審査では「本人確認書類」は必要です。この本人確認書類に、住民票がいるんじゃないの?って思いがちですが・・・

実は、住民票は本人確認書類としては、あまり重視されていないんです。

なぜかというと、本人以外でも住民票は取れてしまうから。まあそれなりに手続きはありますけど、不可能ではないんですね。

それで、他の人があなたの住民票を取って、あなたになりすまして借金をする、なんてことになると困ります。

だから住民票は、本人確認書類としては、重視されていないわけです。

普通免許証が最も優秀

消費者金融では普通、本人確認書類として第一に、運転免許証が挙げられています。

これはなぜかというと、顔写真がのっているからですよね。たとえ対面審査ではないにしても、あとで確認されれば嘘が一発でバレますので、他人の物は使いにくいです。

運転免許証がない場合は、パスポートもまた、顔写真がついていますので、本人確認書類としては優秀です。

他人になりすますことは至難

あと保険証ですが、こちらは顔写真がのっていませんよね。しかも、家族のものを勝手に使うということもできそうです。

だからその場合は、いろいろな質問を通じて「本人」かどうか、慎重にチェックするということになります。

質問への答え方で「この人怪しい」となれば、審査に落ちてしまうことも考えられますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする