紫外線と美白ケア

紫外線対策は美白の基本だということを
ちょっと書きましたね。

美白になるために

紫外線というのは、肌に当たりますと
肌で活性酸素を生み出してしまいます。
そしてそれがメラノサイトを刺激して、
メラニン生成につながるというわけです。

紫外線は肌を黒くする、だけじゃない

メラニンというのは肌を黒くする色素ですね。

紫外線はそれ自体、肌にとっては有害なものです。
肌の弾力のもとであるコラーゲンを傷つけますし、
肌細胞自体を傷つけます。

まさに、肌を老化させる光線なんです。

だから美肌美白を考える上では
紫外線を徹底的に避けなければなりません。

ある研究者は、生まれてからずっと
紫外線に当たらないでいると、
その人は60歳になっても肌は20歳のままだとまで言います。

それほど紫外線の「老化」作用は強いわけです。

紫外線を徹底的に避ける

ですので、美白を目指すなら、
一年中日焼け止めが必要になりますし、
日傘も持ち歩くべきです。

また、なるべく日陰を歩くようにすべきですね。
できれば日差しが強い時は外に出ないようにもする。

また、家の中でも紫外線は入ってきますので
これに当たらないように、居場所に気をつける
というのも大事ですね。

さすがに1年中遮光カーテンを閉めきっておくのは
つらいでしょうから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする