外国人は消費者金融のキャッシングで差別される?

外国人、外国籍だからといって、それでキャッシング審査において差別されるということはありません。

チェックするのは「返済してくれるかどうか」

消費者金融が見ているのは「この人ほんとに返済できるのかな?」というところだけです。

「ちゃんと返済してくれる人だ」と判断されればあなたが何人であろうが、宇宙人であろうが融資してもらえます。

その点は、日本人であれ、外国人であれ、審査ポイントはかわりません。

ただ、外国人ならではの「違い」もあります。

本人確認書類は日本人より多い

たとえば本人確認書類ですね。これは日本国籍を持っている人と同じものを提出するのは無理です。

ということで何が必要になるのかというと・・・

たとえばプロミスではこのように説明されています。

外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)をあわせて送信してください。

次にアコム。

外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)をあわせてご用意ください。

「あわせて」と書いてありますが、これは日本人に要求される運転免許証、健康保険証、パスポートのうちのどれか一つに「あわせて」上記のような本人確認書類が必要、ということです。

だから、外国人の場合、「必要な本人確認書類が増えますよ」ということですね。

在日年数も重要

次に、在日年数とか就業年数もチェックされます。

これがあまりに短いと「返済せずに国に帰ってしまうんじゃないか?」と思われてしまって、ちょっと不利です。

まあこれは日本人でも似たようなものですね。働く場所を転々としている人は、キャッシング審査では不利ですから。

ただ外国人の場合、「国へ帰る」という必殺技がありますので、それは消費者金融としては絶対困るわけです。

ですのでこの点はしっかりチェックします。

そもそも日本語がわからなければ…

3つ目として・・・これは当たり前の話ですが、言葉の問題ですね。日本語があまりできない人では契約は無理ですから。

これは日本人だろうが外国人だろうが関係ないです。

日本人であっても、説明されたことがほとんど理解できないような人には「お金を貸したくない」どころか、そういう人とは契約不可能でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする