低GIダイエット(低インスリンダイエット)と糖質制限の違い

糖質制限ダイエットについては
前回と前々回に取り上げました。

糖質制限ダイエットとは~そのやり方

糖質制限ダイエットは長期間やると危険?

ということで、糖質制限ダイエットの考え方は単純で
要するに糖質の摂取量を減らしましょうというものでした。

そのかわり糖質制限は間違ったやり方で進めてしまうと
大きな危険もあるということでしたね。

ということで今回は、糖質制限ダイエットと似ているけど
よりリスクの低い低GIダイエットについて
取り上げてみたいと思います。

どこが違うのか

最初に、糖質制限と低GIダイエットは何が違うのか
簡単に言ってしまいますと・・・

糖質制限ダイエットは糖質の摂取量を減らします。
だから糖分や炭水化物などを食事から排除していきます。

それに対して。

低GIダイエットは血糖値の上昇が「よりゆるやかな」食品に
置き換えることで実践していきます。

同じ糖質を含む食品でも、
より血糖値を上げにくいものに置き換えたりします。

「糖質を減らす」ということにこだわるわけではないので
糖質不足による危険がないというわけです。

同じカロリーを摂取しても、太りにくくなる、
うまくいけば痩せられる、というのが低GIダイエットです。

低GI=低インスリン

低GIダイエットは別名「低インスリンダイエット」ともいいます。

インスリンというのは・・・血糖値を下げるために
体内で分泌されるホルモンですね。

血糖値が上がり過ぎると、インスリンが沢山分泌されて、
余分な糖は脂肪細胞にどんどんためこまれます。

血液中の余分な糖が脂肪細胞という倉庫にどんどん運ばれるというわけです。

その結果、太ります。^^;

低インスリンということは、このインスリンを
なるべく出さないしようということですので
それはつまり血糖値を上がり過ぎないようにしようということです。

ゆるやかに血糖値を上げることで、
脂肪細胞に送られてしまう前に消費してしまって、
脂肪細胞が膨張してしまうのを防ぐわけですね。

だから摂取カロリーが同じでも
低GI食品は太りにくいということになります。

そういう、なるべく低GIの食品を取り入れていくのが
低GIダイエットということになります。

これなら糖質制限のような危険もなく、
空腹の苦痛もなく、ダイエットを進めていくことができます。

じゃあ低GIの食品って?というのが気になりますよね。

それについては次回取り上げてみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする